東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

演奏家の故障予防にアレクサンダー・テクニーク

" アレクサンダー・テクニーク "

2018年6月4日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

ハリ弟子は鍼灸師です。

 

なのになぜアレクサンダー・テクニークを習得したのでしょう?

 

ケガに対する治療はお医者さんや鍼灸師のところですることができます。

 

でも、医療の世界では「治療」は一般的に日常生活を送るのに支障のない状態にすることです。

 

演奏家が再び演奏活動できるレベルまではカバーしていません。

 

治療だけでは、ノウハウが足りないのです。

 

アレクサンダー・テクニークは、英国王立音楽大学や米国のジュリアードを始め、欧米の舞台芸術系教育機関ではすでに長い歴史があります。

 

演奏家の故障予防、ケガの再発防止に貢献してきた実績があります。

 

それで、2013年、Body Chanceに音楽家専門のアレクサンダー・テクニーク教師養成コースができた時、ハリ弟子は迷わず入学しました。

 

Body Chanceには、海外から経験豊かなアレクサンダー・テクニーク教師が直接教えに来てくれます。

 

Vivien Mackieという先生はカザルスの直弟子のチェリスト、Jennifer Roig-Francoliという先生は米国でソリストとして活躍するヴァイオリニスト、Mio Moralesという先生はドラマーでもあり、演奏家のためのアレクサンダー・テクニークを学ぶ上では最高の環境でした。

 

他にも、役者からアレクサンダー・テクニーク教師に転じたCathy Madden、Sarah Barker、Tommy Thompson、プロ・ダンサー出身のGreg Holdawayなど、ほぼ全員がパフォーミング・アーツの専門家でもあるという実に充実した教師陣の教えを受けることができました。

 

普通、治療では、前と同じように再びできるようになることを目指します。

 

でも、その結果、同じケガを癖のように繰り返したことはないでしょうか?

 

それは、前のやり方と同じやり方をしていたからです。

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、前のやり方の中にひそむケガに結びついている要素を注意深く取り除き、体にとって負担が少なく、よりケガをしにくいやり方に置きかえて行きます。

 

そのための観察力、提案力は一朝一夕には身につかないので、最低でも3~4年は学校で学ぶわけです(ハリ弟子の場合、5年かかりました)。

 

そうして身につけたアレクサンダー・テクニークのレッスンを今月から正式メニュー化しました。

 

これからは、治療から回復・復帰、再発の予防まで、音楽家のためのシームレスなサービスをして行きます。

 

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter