東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

オーボエの重心はサムレストにはない!

" アレクサンダー・テクニーク "

2018年8月15日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

昨日に引き続きオーボエ奏者の指に関する話です。

 

オーボエという楽器は右手の親指をサムレストにかけて持ちます。

 

それ以外の指は全てキイ操作にあてがわれていて楽器の保持には基本的に使えません。

 

これが実際にどういうことなのか理解するために楽器を持たせてもらいました。

 

1つ1つ教えてもらってキイのところにちゃんと指も置いた状態で持たせてもらいます。

 

直観的にすぐ思ったのは、サムレストが楽器の物理的な重心の位置にないということです。

 

別な機会に持たせてもらったクラリネット(B♭管)と比べても持ちづらい印象で、約700gという実際の重量以上に重さを感じます。

 

これについてはきちんと検証した記事がありました(>>オーボエは、どこでバランスが取れるでしょう)。

 

やっぱりサムレストよりもベル側に重心があるようです。

 

放っておくと赤い矢印の方向に傾いていくはずです(落としそうなのでやりませんが)。

 

クラリネットではサムレストがかかる右手親指とマウスピースの上面が当たる上あごの前歯の2か所でバランスを取って楽器を保持すると言われます。

 

推測ですが、オーボエでもリードを口でくわえることで初めてバランスの取れた楽器の保持ができるのではないかという気がします。

 

なぜならサムレストと重心がずれている以上、右手の親指だけで楽器を支えることが不可能だからです。

 

ここで浮かび上がるのが、楽器を保持する動きとキイ操作する動きを整理して必要な「だけ」の力や動作にしたらもっと楽に指が動かせるのではないかという仮説です。

 

そのためにやってみたら良さそうなエクササイズを考えてみました(次回に続く)。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter