東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

楽器のレッスンを受けて「いい音」が分からない時

" アレクサンダー・テクニーク "

2018年9月5日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

先日、コントラバスのレッスンを受けてきました。

 

1番線の上のEとかFって響くいい音で鳴らすの難しかったりしますね。

 

案の定つかまりました(笑)。

 

何回か繰り返して先生に聞いてもらって、だんだんと致命的なことが分かってきました。

 

先生にとっての「いい音」とそうでない音の違いがハリ弟子には聞き取れないのです。

 

こういうことはときどきあって、音大卒など音楽を専門的に学んだことのある人は一般の人より細かく音の違いを聞き分けます。

 

一般人代表のハリ弟子みたいな人には先生の言う「いい音」がすでに分からなかったりするわけですね。

 

たまにいい音が出たとしてもそれはまぐれだし、そもそもそれがいい音と認識できてないわけだから、このままでは身につきません。

 

こういう時にアレクサンダー・テクニークができるといいところは、音の違いが分からなくても自分がやったことの違いは分かることです。

 

あえて弾き方のパターンをいくつか変えて試してみました。

 

腕は鎖骨から動くと考え、肩甲骨は肋骨の曲面上をスライドしてやや前に来てもよく、そうすることで腕をより前の方で使えるようにした時、例外なく先生はOKを出してくれました。

 

本当に例外なく「今のはいい」と言ってくれたので、間違いなさそうです。

 

正直「いい音」かどうかは最後まで分かりませんでしたが、その作り方は分かりました。

 

こんなふうにしてレッスンで教えてもらったことを持ち帰ることもあります。

 

しばらくこの実感のない「いい音」を弾き続けたら聞き分ける耳はそのうち育つかなあ、と期待しながら。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter