東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

アレクサンダーの手順のなぜ?

" アレクサンダー・テクニーク "

2018年10月22日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

昨日のアレクサンダー・テクニークの手順書の中で「抑制」という言葉が出てきました。

 

白状するとハリ弟子は今まで勘違いしていて、手順の(4)と(5)、つまり一番最後の段階で当初思ってたことを「やるか」「やらないか」「他のことをやるか」を決め直すことが「抑制」だと思っていました。

 

本当は一番最初の(1)のところなんですね。

 

ざっくりとしか読んでいないことがばれてしまいます、、

 

ただですね、そうするとまた1つ疑問が生じるのです。

 

アレクサンダーがこの手順をまとめた段階ではすでに喉にやさしい声の出し方を知っていました。

 

それはもうこと細かに体のどこをどのくらいどっち方向に動かして、といった具合に極めて明確、具体的なやり方を知ってたはずです。

 

「新しく改善された自分の使い方をするのに最適なよく練られたもの」と本人も書いているとおりです。

 

それ知ってるんだから(2)から始めちゃだめなの?という疑問です。

 

新しいやり方を知っているにも関わらず、わざわざ「以前と同じやり方でやり始める」のはなぜでしょうか。

 

失敗するのが分かっているやり方で始めて、そして新しいやり方を始める前にそれを抑制する。

 

このひと手間をなぜ入れる必要があるのかなぞです。

 

始める時に何かやることを決める必要があるのはとてもよく分かります。

 

別にたいそうなものである必要はなく、歩くでも立つでも見るでも座るでもなんでもいいですが「決める」のがここでは大事です。

というのは本心からこれをやると決めたものでないと、やってみた結果が自分にとっていいのか悪いのか、これからどういうふうにやりたいのか、変化の方向性の軸が定まらないからです。

 

プライマリー・コントロール(頭と首と体の他の部分の使い方の関係性)は、アレクサンダーが”primary control of the general use”と書いているように、ある特定の行為に紐づけられない、その人のありよう全般とも言えるものが含まれています。

 

なので、なんとなくやってみるくらいでも、何かしら先生からアドバイスをもらうことはできます。

 

でもそもそもこうしたいという思いがないので、聞いても「ふ~ん」くらいで終わることが多いです。

 

ハリ弟子の経験ではそうでした。

 

ということで”end”を決めるのは分かるのですが、なぜに以前と同じやり方で始めて即抑制かけるのか。

 

なぞが深まる秋の夜長です。

 

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter