東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

アンブシュアが器用過ぎてかえって不調になった可能性

" アレクサンダー・テクニーク "

2018年12月9日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

アンブシュア不調で一度は鳴らなくなるところまでいったクラリネットの生徒さんとのアレクサンダー・テクニークのレッスン。

 

前回ブログで取り上げた時は音階が難なくできるまでに回復したところでした。

 

>>一生忘れられない音階が聴けたレッスン

 

今はもう鳴らすこと自体は問題ではなく、体の使い方と音の関係性をいろいろ実験しながら結びつけていくワークをしています。

 

 

それはブレスをテーマにレッスンしていた時に気づきました。

 

肩甲骨を思い切り後ろに引いてブレスして吹く、いつもどおりの肩甲骨の位置でブレスして吹く、腕が鎖骨から始まっていて前の方で使えると考えて(結果的に肩甲骨も前に動く)ブレスして吹く、といった具合に体のある一部をわざと変えてみてブレスとの関係を探る、そんなレッスンでした。

 

どのパターンで吹いても、響きのある良い音色が鳴るのです。

 

普通、肩甲骨を思い切り後ろに引いて吹いたら胸郭が窮屈になって音色もちょっときつくなりそうなものですが、それでも他の吹き方と大差ない良い音に聞こえました。

 

そのことを本人に伝えると、自分の頭の中ではもっとずっと良い音で鳴らしていて、どんな姿勢であれ現実の音をその理想に寄せるような吹き方をしているとのこと。

 

そして理想に寄せるために体のどこを意識的に使っていたかというと、ほとんど唇まわりに集中していたことが分かりました。

かなり高いレベルでソルフェージュしていたということでこれはとても素晴らしいこと。

 

そしてほとんど唇まわりだけで音を理想に寄せていたというのも、アンブシュアの対応能力がとても高かったわけで本来であれば使えるスキルです。

 

しかしそこだけに頼り過ぎたためにアンブシュアが体の他の部分のリソースの代わりに頑張ってしまい、不調につながったのかも知れません。

 

もともと体の他の部分を使っていなかったのではなく、以前は無意識にうまくいっていたのでしょう。

 

その上で意識的に使っていたのが唇まわりだった、というのがおそらく真実だと思います。

 

無意識でもうまくいっていた体の他の部分がぎくしゃくし出した時、本当はそちらに原因を探るべきだったところが、もともと意識にのぼっていた唇まわりが気になってアンブシュアで対応し過ぎてしまったのではないか。

 

あくまでも可能性ですが、調子が安定してきていろいろな吹き方を試せるようになったのでそんなことを考えられるようになってきました。

 

来年からアレクサンダー・テクニークのグループ・レッスン始めます。

 

第1回目は2019年1月6日(日)15時~17時までの2時間で、定員は6名まで(現在残り5名様)。

 

参加費は4,000円です。

 

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

 

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

 

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , , , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter