東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

認知対認知の翻訳スキル

" アレクサンダー・テクニーク "

2018年12月26日

 

 

こんにちは!ハリ弟子です。

 

情報を受け取ったり物事を考えたりする時のその人特有のやり方を認知特性と呼ぶそうです。

 

基本的には視覚を使うのが得意な人、聴覚を使うのが得意な人、言語を使うのが得意な人がいて、そこからもう少し細かく6タイプくらいに分類することが多いようです。

 

ハリ弟子が参考にしたこちらのサイトでも6タイプで説明されていました。

 

よく、漫画の読み方でセリフの文字を見ただけで次のコマに行くか、セリフの音声を頭の中で再生しながら読んでいるか話題になったりしますね。

 

前者は文字の形、つまり映像から直で意味に変換できるタイプです。

 

漫画に限らず本を読むスピードがやたら速いのはこちらです。

 

後者は文字を見て、一度音声に直してから意味に変換するタイプ。

 

実際に声には出さなくても、頭の中で音読してるようなものなので読むスピードは遅いです。

 

これが全てではないですが、こういうのも認知特性の表れの1つです。

 

ちなみにハリ弟子は後者で、読むの遅いです、、

 

ただこれも慣れというか、訓練で速くなることもあります。

 

例えば仕事で多く処理する定型の文書とか、専門分野の本なんかは全部を読まずに必要な情報だけひろうのがうまくなるので、読むのが速くなります。

 

速くなるのは、頭の中に理解のための基本フォーマットが既にあり、その一部をアップデートするだけで済むからです。

 

反対に理解そのものを構築する必要がある場合、たとえば未知の分野の専門書(哲学書とか?)を読もうとしたらそれはそれは時間がかかります。

 

アレクサンダー・テクニークを教えるようになって、また鍼灸師としていろいろな患者さんと接するようになって、コミュニケーションは認知特性が違う者どうしがお互いに理解を構築する作業なんだなと思うようになりました。

 

基本フォーマットがないので1から理解を作っていく必要があります。

 

ひと昔前だったら、先生が絶対だったじゃないですか(鍼灸師もよく「先生」と呼ばれます)。

 

先生の理解のフォーマットに生徒が(または患者さんが)合わせるのが当たり前。

同じものを見ていても、赤ワインと思うか、ガラスのビンと思うか、テーブルの上に載ってると思うか、フランス産と思うかいろいろですし、それを映像で思い浮かべるか、言葉で思い浮かべるか、味で思い浮かべるか、香りで思い浮かべるか、人それぞれです。

 

先生が赤ワインと認識したものを生徒がテーブルの上に載ってると言った時、先生の認識が「この生徒は物分かりが悪い、問題な生徒だ」となったら不幸です。

 

でも実際にはこういう類のことが多く起こっているような気がします。

 

そして、今まで相性の一言で片付けられてきたものって、多くは単にこういう話なんじゃないかと思います。

 

人によって生きている認知世界が異なることが分かっていれば、同じものが相手にとってどのように映るか、想像を働かせることができます(もちろん経験が必要ですが)。

 

これをスキル化できると、アレクサンダー・テクニーク(のみならず教えること全般でしょうが)を教える時にとても役に立ちます。

 

これからは、プロとして先生をやる人が自分のフォーマットでしか教えられないとか受けとめられないのはもうダメで、認知対認知の翻訳スキルを基本仕様として実装しているといいなと思います。

 

 

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会(第2回)

6月29日(土)9:30~12:30

セッションA:木管&金管奏者の悩みに応える相談&レッスン会(アレクサンダー・テクニーク)

講師:楠 洋介(アレクサンダー・テクニーク教師/鍼灸師)

 

6月29日(土)13:30~16:30

セッションB:音楽家のためのヨガ&アレクサンダー・テクニーク(姿勢でわかること)

講師:楠 道子(アレクサンダー・テクニーク教師/ヨガ・インストラクター)

 

6月30日(日)9:30~12:30

セッションC:弦楽器奏者の悩みにこたえる相談&レッスン会(アレクサンダー・テクニーク)

講師:楠 洋介(アレクサンダー・テクニーク教師/鍼灸師)

 

6月30日(日)13:30~16:30

セッションD:音楽家のためのヨガ&アレクサンダー・テクニーク(姿勢でわかること)

講師:楠 道子(アレクサンダー・テクニーク教師/ヨガ・インストラクター)

 

いずれも場所は、スタジオI-LAB(渋谷区千駄ヶ谷3-21-6 外苑MKビルB1)

参加費(1コマ分)は、7,000円

※2コマ分ダブル参加の場合 → 12,500円

 

お申し込み、または質問・問い合わせを、お電話(080-5899-5203)またはメール(office@btune-hariq.com)よりお願いいたします。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第7回)

次回は、2019年7月7日(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter