東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

速くて大きい音を出したいチェロ奏者とのレッスン

" アレクサンダー・テクニーク "

2019年4月1日

 

 

昨日一昨日と音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会無事に終えることができました。

 

6月末の土日にまたやります。

 

ぜひ予定をあけておいていただければと思います。

 

今日はレッスン会でのひとコマをご紹介します。

 

速いフレーズを強い大きな音で奏でたいチェロ奏者の方。

 

頭と脊椎が協調してともに動けるような体の使い方、腕全体の関節の使い方の見直しをして、いま1つ大切なことがなにかあるようでした。

 

弦の上を毛がすべってしまうような、そんな感じがぬぐえないような・・・

 

確信があったわけではありませんが、ふと気になってたずねてみました。

 

「チェロの弓を持つのに最小限必要な指をどれですか?」

 

コントラバスのジャーマン・ボウでは人差し指だけあれば(厳密には人差し指根本の股の部分と人差し指の先の部分)持てます。

 

チェロ弓では「親指と人差し指です」という答えでした。

 

言われてなるほど!と腑に落ちたことがあり、人差し指で弓を押さえることをもっと粘り強くやってみてもらったところ「ああー!」となにかつかまれたご様子。

 

弦の上を毛がすべるということは毛をもっと弦に密着させる必要があるわけです。

 

そのためには、単純化を恐れず言えば、人差し指がもっと強い力で弓を押さえている必要があります。

 

気がついたのは、ボウイングのアップ・ダウンが速くなったときに人差し指が浮いて見えたことでした。

 

弓の左右の動きを速くするために人差し指がそっちの仕事に気を取られてしまったようです。

 

なので速いボウイングで忙しいときも人差し指に粘り強く押さえ続けてもらいました。

 

なお、この人差し指の力の適切な量というのは弦が弓を押し返す力、どのくらいの音量が欲しいのか、速いのかゆっくりなのか、弦のどこを弾くかなどいろいろな要素のバランスで決まります。

 

「強く押さえる」と字面だけ見てしまうと変な力みの原因になるかも知れません。

 

このレッスンでは有効でしたが、逆の場合には弓の左右の動きに人差し指をもっと参加させるという提案もあり得るわけです。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第4回)

次回は、2019年4月7日(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter