東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

1906年のウィーン音楽院にデルサルトの教授がいた

" アレクサンダー・テクニーク "

2019年4月3日

 

 

アレクサンダー・テクニークを始めたF.M.アレクサンダーという人は若い頃、デルサルト教師を標ぼうしていた時期がありました。

 

デルサルトはF.M.アレクサンダーよりも前の世代の人でパリ音楽院出身のテノール歌手です。

 

>>アレクサンダー・テクニークの源流

 

>>デルサルトってどんな人?

 

彼は音楽院時代の教育のために喉をいためて声楽家生命を危うくしました。

 

この体験をバネに独自の方法論、デルサルト・システムを構築します。

 

システムは当時の音楽家、ダンサーたち(今で言うパフォーミング・アーツ全般)の間で大いにひろまり、多くの学校で教えられたといいます。

 

デルサルト自身は声楽家(テノール)でしたが彼のシステムは舞台芸術全般に応用可能でした。

 

システムは人体の自然な動きの観察をベースに考えられたからです。

 

人の体の動き全般を見ることができて、あらゆる種類の楽器からダンスのような身体表現までカバーするメソードがアレクサンダー・テクニーク以前にすでにあったのですね。

 

それもかなり広まっていたとは。

 

どのくらい広まっていたかというと、1906年頃のウィーン音楽院にもデルサルト・システムの教授がいた記録があるそうです。

 

海を越えたアメリカでも、F.M.アレクサンダーの故郷タスマニアでもデルサルトは教えられていました。

 

どうも19世紀末の音楽・舞踏系専門教育には体の使い方を教える伝統があったと言えそうです。

 

その後2つの世界大戦があり、またデルサルト・システムの教える内容が陳腐化したりして廃れます。

 

かなり長い間、音大は音楽だけ教える体制が続き、デルサルトのような健康的な奏法のベースとなる手法が再登場するのは、1950年代に英国王立音楽大学(Royal College of Music)がアレクサンダー・テクニーク教師としてウィルフレッド・バーロウを招き入れるまで待たねばなりませんでした。

 

それでもこれがかなり例外的な出来事だったことは、武蔵野音大に来ていたピアニスト、ロナルド・カヴァイエが1985年ごろに近年、英国のピアニストたちがたいへん注目している「アレキサンダー・テクニック」(ロナルド・カヴァイエ、西山 志風『日本人の音楽教育』新潮社)と話していることからうかがわれます。

 

音楽家の心身の健康の礎となるべきアレクサンダー・テクニークがいま広まりつつあることは、いったん消えたデルサルト・システムからの100年を越えたリバイバルなのかも知れません。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第4回)

次回は、2019年4月7日(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter