東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

10年越しの不調解決の糸口が見えてきました

" アレクサンダー・テクニーク "

2019年4月22日

 

 

弦をはじく際に指を巻き込んでしまう現象に10年来悩まされてきた方がいらっしゃいました。

 

最近はパソコンのタイピングなど楽器以外の動作でも同じ現象が現れるとのお話しでした。

 

察しのいい方は分かるとおり指のフォーカル・ディストニアに典型的な症状で、この方は実際そのように診断されていました。

 

ただこの時はだからどうではなく、何が起きているか現象を虚心に観察することにしました。

 

問題がない指のはじき方と巻き込みが起こる指のはじき方を何度も見比べました。

 

ふと思ったのは、はじく動き(指の屈曲)と次の弦に指を運ぶ動き(指の伸展)を同時にやってるかに見えることです。

 

問題がない指ははじく時に第1~第3関節がすべて屈曲し、はじき終わって次の弦に行く時に主に第3関節から伸展します。

 

これに対して、巻き込む指ははじく時に第1・第2関節を屈曲し、同時に第3関節を伸展していました。

 

気をつけたいのは、この動きの組み合わせが絶対的によろしくないものだと早合点することです。

 

おそらくこのやり方で問題なく演奏してる人も大勢いるでしょう。

 

この時の僕の視点はそこではなくご本人が「大丈夫なんです」と言っている指との相違でした。

 

そこからこの方の中では「はじく」ことと「次の弦に指を運ぶ」ことという2種類の動きが元々ありそうだと推測したのです。

 

「はじいた後、間をとって指を伸ばす意図が十分に明確になってから次の弦に運んでみましょう」

 

意図する、やる、うまくいく、意図する、やる、巻きこむ(ああ巻き込んだ、と思ってその時起こる感情はスルー)、また意図する、やる、、、

 

この繰り返しを粘り強くやってくださって、この日の2時間ほどのレッスンを終えました。

 

1週間ほど経って再度いらした時には前回より速いペースで巻き込みなくはじけるようになっていて驚きました。

 

もっと速くすると危うくなるとのことでそこは無理せず、自分のペースで家でも続けたそうです。

 

「10年越しの不調解決の糸口が見えてきました」と言っていただき、こちらの方が救われた思いがしました。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第5回)

次回は、2019年5月12(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter