東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

高い音から低い音への跳躍法

" アレクサンダー・テクニーク "

2019年4月24日

 

 

先日、アレクサンダー・テクニークのレッスンのさなか、オーボエの高い音から低い音への跳躍について相談されました。

 

一般論として、同時にたくさん穴をふさぐ時の指、アンブシュア、ソルフェージュ、息などがありそうだなあと一瞬思いましたが、この方自身はそもそもどうやってると思ってるのだろうと思って何回か繰り返し自分で観察してもらいました。

 

そこで出てきたのが、

 

「舌を変えています」

 

「舌?」

 

「高い音では舌を上げていて、低い音では舌先を下に下げます」

(だったかな?ちょっとうろおぼえですが、手ぶりで示してくれた動きはそうなっていました)

 

舌先を下げるということはリード直前のスペースが跳躍の時に一瞬でちょっと広がるってことだよな、と思いながら、こういう仮説を説明しました。

 

舌先下げる → スペース広がる → 空気うすくなる → リードに流れる空気が不足する → リードの振動に支障をきたす → 音がつながらないように聞こえる、あるいは音が外れる

 

なので対策としては舌先を下げるそのタイミングで少し多めに空気を供給することを提案しました。

 

そしたらこの方の場合は跳躍のタイミングで低音も見事に鳴るようになりました。

 

跳躍で舌を使うのが一般的にみなさんそうかどうか分からないのですが、同じアイデアを使っている場合にはヒントになるかも知れません。

 

またここから跳躍のタイミングだけ多めに空気を供給するのか、跳躍の後もずっと多めにするのか、逆に多めに空気を供給する時間をもっと短くしてみるとか、いろんな実験をして表現がどう変わるか検証できるなあ、と考えが広がりました。

 

リード楽器について僕がまた1つ勉強になったレッスンでした。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第5回)

次回は、2019年5月12(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter