東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

スキルアップに必要なのはパワーではなく可動性

" アレクサンダー・テクニーク "

2019年6月21日

 

 

「これをできるようにするにはどこを鍛えればいいですか?」

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンでときどきこんな質問を受けます。

 

「鍛える」の意味によりますが、質問者の意図を察するに「ある特定のラインの動きをもっと高い負荷でできるようにする」というニュアンスが含まれているように感じられます。

 

ただ、今まであまり成功したことのないスキルだったらこれはどうなのでしょう。

 

うまくいくためには演奏に必要な体の部位が3次元上で適切な位置関係にいて動くことが重要であって、それには高い負荷は必要だろうかと考えます。

 

3次元上の位置というのは楽器に対しての体、体に対しての楽器という具合に相対的に動き続けるもので、タイミング(時間軸)を加えたら結局のところ制御の話になります。

 

運指であればその動きの系先端は指先、あるいはキーのふたやピストン、レバーになり、タンギングなら舌のどこか、それらがいつどうである必要があるのか。

 

力の要素が必要なこともありますが、3次元上の位置、動く方向、タイミングなど他の要素がかみ合っていなかったらうまく行きません。

 

難しいところにさしかかると人は緊張し動きが固まります。

 

名手の演奏を見て我々はつい肩がどうなってる、腕の角度がどうなってる、といった形が気になります。

 

でも緊張して動けない状態で形だけ鋳型のように維持しようとしてもかえって固まります。

 

必要なのは動けること=可動性です。

 

そして系先端が必要なタイミングで必要な動きさえしていれば、体のどこがどのように動いたとしてもそのラインは正直どうでもよいと言えます(分かってしまうと効率化してある幅におさまりますが)。

 

解剖学で体の仕組を学ぶのも、ボディ・マッピングで認識のうすかった体の部位を確認するのも、今まで使っていなかった動きのリソースを取り戻すためです。

 

動きのリソースを有効に使う体験が増えていくと、緊張したり焦ったりした時に固まるところが分かるようになります。

 

こういう固めを回避するのに総論、アレクサンダー・テクニークは使えるのです。

 

熟練の教師になると必要な動きのリソースがどれか見ただけで当たりがつけられるので、いきなりその部分の動きを促進するエクササイズみたいなことをやります。

 

それで「鍛える」という発想に結びついてしまうのかもしれません。

 

でも実際には今まで固めて動かなくしてたところを動かすのが目的で、やってみて動かせるのであれば筋肉はすでにあります。

 

だから筋トレというよりむしろ脳トレなんですね。

 

でもそうは言ってもという方のためにパワーが有効な場面についても考えてみました。

 

僕がサラリーマンだったころ、週末はランニングなどで鍛えている上司がいました。

 

平日はとても忙しくて終電、タクシーが当たり前。

 

タフな会議に決断事項が山のようにある職場でした。

 

日がな14時間くらい椅子に座って体起こした状態で冷静な思考を維持するのは、けっこう体力が必要です。

 

週末に走ると調子がいい、逆にそうできないと1週間がつらい、もたないと言ってました。

 

音楽家で言うと連日リハや本番が入るような多忙な方、ハードなプログラムをかかえる場合には似た感じがあるかも知れません。

 

技術はある、コンディションが恵まれていれば楽々とクリアする自信がある、でも終日かかるような公演やリハーサルの最後まで質を保つのが難しい、といった場合には技術を発揮する前提としての思考、体勢維持のための基礎体力を「鍛える」のはアリだと考えています。

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会(第2回)

6月29日(土)9:30~12:30

セッションA:木管&金管奏者の悩みに応える相談&レッスン会(アレクサンダー・テクニーク)

講師:楠 洋介(アレクサンダー・テクニーク教師/鍼灸師)

 

6月29日(土)13:30~16:30

セッションB:音楽家のためのヨガ&アレクサンダー・テクニーク(姿勢でわかること)

講師:楠 道子(アレクサンダー・テクニーク教師/ヨガ・インストラクター)

 

6月30日(日)9:30~12:30

セッションC:弦楽器奏者の悩みにこたえる相談&レッスン会(アレクサンダー・テクニーク)

講師:楠 洋介(アレクサンダー・テクニーク教師/鍼灸師)

 

6月30日(日)13:30~16:30

セッションD:音楽家のためのヨガ&アレクサンダー・テクニーク(姿勢でわかること)

講師:楠 道子(アレクサンダー・テクニーク教師/ヨガ・インストラクター)

 

いずれも場所は、スタジオI-LAB(渋谷区千駄ヶ谷3-21-6 外苑MKビルB1)

参加費(1コマ分)は、7,000円

※2コマ分ダブル参加の場合 → 12,500円

 

お申し込み、または質問・問い合わせを、お電話(080-5899-5203)またはメール(office@btune-hariq.com)よりお願いいたします。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第7回)

次回は、2019年7月7日(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter