東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

緊張する場面での考え方ひとつ

" アレクサンダー・テクニーク "

2020年8月4日

新型コロナの影響で中止・延期を余儀なくされた演奏会。

 

小規模のアンサンブルなど、厳重な感染対策を取りながらポツポツと再開されるようになりました。

 

そんな中、鍼の施術でいらしているアマチュア奏者Aさんも近々本番があるとのこと。

 

「昔から本番ですごくアガるたちで、、」

 

本番って音がかすれたり音程がずれたりすると「うわ!失敗した」とあわあわしますよね。

 

たまたま理工系で検査や実験を専門にする方だったので、こんな話を思いつきました。

 

成功・失敗の基準の置きどころをずらしてみるのです。

 

検査の成功・失敗で考えてみます。

 

たとえば「検査を失敗した」というのはどんなときでしょう?

 

結果を信用していいかどうか分からないときではないでしょうか。

 

結果を信用していいかどうか分からなくなるのは、検査のプロセスでなにか間違えたときです。

 

検体に他のものが混ざったとか、試薬の量や比率を間違えたとか、、

 

結果そのものは単なるデータでしかないのでそこには成功・失敗という考え方はありません。

 

必然的に見直すのはプロセスの部分になります。

 

「そういえばそうですね」

 

とちょっと納得していただけました。

 

もちろん本当は出てきた音や演奏が最終的な結果ではあるのですが、あまりにもそこに気が行って頭がまっしろになるなら、考え方を一段変えて冷静に対処できた方がいいですよね。

 

新型コロナで検査とかPCR陽性といった言葉が身近になったおかげで思いついた例え話でした。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: , .
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年12月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter