東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

「使う」という言葉の使い方

" アレクサンダー・テクニーク "

2017年11月9日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

レッスンなどで「もっと背中を使って」とか「〇〇筋を使って」と言うことがあります。

 

この時の「使う」という言葉の本当の意味を伝えるのは、実は意外と難しいような気がします。

 

例えば「広背筋を使う」と言った場合、

 

A 広背筋を収縮させる

 

B 広背筋を伸ばす

 

どちらも感覚的にはしっくりくることがありえます。

 

筋肉の役割自体は収縮することですが、筋肉の両端にある腱は伸ばされた時に感覚を生じます。

 

 

真ん中にある筋肉が収縮すると両端の腱は伸ばされますので、この時の感覚をもって「使う」と言った場合には、Aが「使う」の意味になります。

 

また、筋肉自体も伸ばされた時に感覚を生じるので、この時の感覚をもって「使う」と言うと、Bがその意味になります。

 

 

しかし、実際にやっていることは真逆です。

 

また、同じ筋肉の中でどの部分を収縮させるかによっても動きが変わってきます。

 

 

 

脊柱起立筋のように長い筋肉は、起始部や停止部が1か所ではなく、いくつかの骨にまたがっています。

 

同じ脊柱起立筋の中のどこを収縮させるかで、腰椎部分に働きかけるのか、肋骨部分(あるいは胸椎)に働きかけるのかが変わります。

 

このような場合に「脊柱起立筋を使って」ではざっくり過ぎるのです。

 

かといって、細かく言い分けたとしても、微細な身体操作を得意とするヨガやダンスの人ならいざ知らず、なかなか意図が伝わらないでしょう。

 

特に体幹の動きについては、そのような気がします。

 

身体に与えている指示言語は本当に人それぞれです。

 

一応、世界共通で用語が整備されている解剖学に基づいて会話をしようという流れではあるものの、やりきれないことは明らかですし、効果を保証するものでもありません。

 

なぜなら、身体への指示は、正しい正しくないという問題ではなく、その人の身体がうまく動いてくれるのであれば、それがその人にとっての正解だからです。

 

ともすると、先生から一方的に「もっと〇〇を使って」と言ってそれっきりになってしまいがちですが、その言葉が相手の身体の中でどう翻訳されているか、その結果が望ましいものになっているのか、いないならその人にとってより役に立つ指示言語は何か、人それぞれのずれに自覚的でありたいと思います。

 

「使う」の意味内容についての共通理解を育てるコミュニケーションがあるような、そんなレッスンをハリ弟子も心がけたいと思っています。

 

この記事を書いた人
カテゴリー: アレクサンダー・テクニーク. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter