東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

オフィシャルブログ

コントラバス奏者澤井さんとのレッスン記録(2回目)の詳細へ

コントラバス奏者澤井さんとのレッスン記録(2回目)

2019年2月25日

アレクサンダー・テクニーク

今日はコントラバス奏者澤井さんとの2回目のレッスンでした。   仕事の関係で自分のではない楽器を借りて弾いたこともあり、腕が痛くなったそうです。   なぜ痛くなったのか既に自分で分析されていて、演奏時の姿勢との関係で腕が伸び切った状態で弾いてしまうのが良くないのではないか...

右手腱鞘炎中のヴィオラ奏者の詳細へ

右手腱鞘炎中のヴィオラ奏者

2019年2月22日

腱鞘炎・ばね指

    右手に腱鞘炎をかかえるヴィオラ奏者がいらっしゃいました。   弓を落としそうになるのが怖くてがちっと持ってしまい、そうするとピアノでの繊細なコントロールが余計難しくなる、またフォルテからいきなりのピアノで...

神奈川フィル元団員 澤井さんとレッスンの詳細へ

神奈川フィル元団員 澤井さんとレッスン

2019年2月18日

アレクサンダー・テクニーク

ご縁あって、神奈川フィルハーモニー管弦楽団元団員でコントラバス奏者の澤井 慶さんにアレクサンダー・テクニークのレッスンをさせていただくことになりました。   「コントラバスこそアレクサンダー・テクニークを取り入れるといいと思うんですよね。」   という澤井さんからの一言が...

喉開き奏法と管楽器奏者の鼻抜けの詳細へ

喉開き奏法と管楽器奏者の鼻抜け

2019年2月13日

管楽器奏者の鼻抜け

管楽器界隈ではよく「喉を開け」と言われます。   僕も以前チューバを吹いていた頃、言われました。   どういうのが喉を開くことなのかよく分かりませんでしたが、あまり疑問にも思わず、人にも聞きませんでした。   なので完全に自己流で喉を開けて吹くようにしていま...

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会の詳細へ

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会

2019年2月10日

アレクサンダー・テクニーク

3月30日、31日にアレクサンダー・テクニーク教師でヨガ・インストラクターの道子と夫婦で音楽家向けアレクサンダー・テクニーク&ヨガのワークショップをします。   2日間で3コマ、セッションA~Cまであります。   セッションAは、鼻抜けに悩む木管リード楽器(クラリネット・...

鍼灸師のお道具こだわりポイントの詳細へ

鍼灸師のお道具こだわりポイント

2019年2月2日

東洋医学

鍼灸の道具はシンプルで、管と鍼、以上です。   鍼は細長い針金みたいな本体部分とそれよりは太い持ち手の部分でできています。   これを管に入れて体に当て、管から少し飛び出た持ち手の部分を指先でトントンたたくことで鍼を入れていきます。   この管と刺入...

鼻抜けに悩むクラリネット奏者とのメール相談の詳細へ

鼻抜けに悩むクラリネット奏者とのメール相談

2019年1月24日

管楽器奏者の鼻抜け

鼻抜けに困っているクラリネット奏者の方からメールでご相談いただきました。   ご本人から許可をいただきましたので、内容を一部抜粋して掲載します。 【相談者】 私は酷い鼻抜けに悩みながら恥ずかしい思いもしながら奮闘してきました。   いろいろしましたが解決せず…この...

鼻抜けを考える(2019年1月版)の詳細へ

鼻抜けを考える(2019年1月版)

2019年1月22日

アレクサンダー・テクニーク

おととしの9月から10月にかけて「鼻抜けに取り組む」とのタイトルでたくさんの記事をブログにあげました。   それからさらに多くの鼻抜けに悩む管楽器奏者と向き合ってきて、だんだんと鼻抜けの方に共通する演奏姿勢について見えてきたものがあります。   ここ数日は、あえてその姿勢...

  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter