東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛

オフィシャルブログ

治療以上、演奏家復帰未満のケアの必要性の詳細へ

治療以上、演奏家復帰未満のケアの必要性

2018年12月23日

東洋医学

こんにちは!ハリ弟子です。   現在の鍼灸は誰を相手にすべきかシリーズ、今日が最後です。   スポーツの分野ではケガから復帰する際、メディカル・リハとアスレチック・リハと2つのリハビリ・プロセスがあります。   簡単に言ってしまうと、メディカル・リハは日...

難病治療と鍼灸と医の倫理の詳細へ

難病治療と鍼灸と医の倫理

2018年12月22日

東洋医学

こんにちは!ハリ弟子です。   一昨日、昨日と現在の鍼灸は誰を相手にすべきかを考えています。   総体コストで比較優位が見込めそうな分野、養生ときて、今日は難病です。   昭和の鍼灸師の本を読んでいると「おれたちは医者が治せない患者さんを相手にしている」とい...

鍼灸は養生向き、は本当か?の詳細へ

鍼灸は養生向き、は本当か?

2018年12月21日

東洋医学

こんにちは!ハリ弟子です。   現在の鍼灸が誰を相手にすべきか問題、昨日は保険医療の中で環境負荷まで含めた総体コストが鍼灸の方が安い分野を考えました。   研究によって効果が実証される必要がありますが、長い目で見れば可能性なくもないと思います。   今日は別...

昭和の鍼灸師と同じ患者さんはもう来ないの詳細へ

昭和の鍼灸師と同じ患者さんはもう来ない

2018年12月19日

東洋医学

こんにちは!ハリ弟子です。   仕事柄、昭和に活躍した鍼灸師の本をよく読みます。   使ったツボや治療の考え方など勉強になるからです。   と同時にそこで扱われている病気の種類にとまどうことも少なくありません。   たとえば、結核。 &nbs...

動いたら消えてた背中の痛みの詳細へ

動いたら消えてた背中の痛み

2018年12月18日

痛み

こんにちは!ハリ弟子です。   時々、背中の肩甲骨のすぐ下辺りが痛くなります。   先日は左肩甲骨の下のところが痛くて、寝返りなど気をつけないとビリっとくるので余計体を動かさないように固まってしまいました。 でもその日はアマオケの練習でコントラバスを弾かなければなら...

解剖学は役に立つ、されど、、の詳細へ

解剖学は役に立つ、されど、、

2018年12月18日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   解剖学、機能解剖学、運動学、ボディ・マッピングなど鍼灸学校とアレクサンダー・テクニークの教師養成課程でハリ弟子はいっぱい学んできました。   解剖学、機能解剖学、運動学はそれぞれ少しずつ重なる部分があって、骨格構造、関節の可動域、筋肉の起始...

アクティビティ・ワーク VS ムーブメント・ワークの詳細へ

アクティビティ・ワーク VS ムーブメント・ワーク

2018年12月14日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   初めにお知らせです。   これから『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料のメルマガを始めます。   これまで診てきた音楽家の故障症例や治療内容、レッスンの話など、こみいったところは公開のブログではやはり書きづらいものが...

弦楽器の「腕の重さ」を考える(その3)の詳細へ

弦楽器の「腕の重さ」を考える(その3)

2018年12月13日

コントラバス

こんにちは!ハリ弟子です。   腕の重さを考える3回目、今日は重さという言葉を考えます。   重さを仮に重力だとすると、重力は地球の中心に物を引っ張る力なので、「腕の重さを弦にかける」を文字どおりやるためには弦の上に腕をのせる必要があります。 いや、そういう問題でな...

弦楽器の「腕の重さ」を考える(その2)の詳細へ

弦楽器の「腕の重さ」を考える(その2)

2018年12月12日

コントラバス

こんにちは!ハリ弟子です。   弦楽器の「腕の重さ」の話の続き、今日考えたいのは成果です。   「腕の重さを弦にかける」という言葉、よく考えると演奏のやり方について指示した表現です。   腕の重さを弦にかけて弾いた結果、どうなるのかは語っていません。 &n...

弦楽器の「腕の重さ」を考える(その1)の詳細へ

弦楽器の「腕の重さ」を考える(その1)

2018年12月11日

コントラバス

こんにちは!ハリ弟子です。   昨日はコントラバスの方がアレクサンダー・テクニークのお試し個人レッスンにいらっしゃいました。   無料でのお試し個人レッスンは今月中で終了ですので、気になっている方はお早めにご連絡くださいね。   来年から始まる月1開催のグル...

アンブシュアが器用過ぎてかえって不調になった可能性の詳細へ

アンブシュアが器用過ぎてかえって不調になった可能性

2018年12月9日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   アンブシュア不調で一度は鳴らなくなるところまでいったクラリネットの生徒さんとのアレクサンダー・テクニークのレッスン。   前回ブログで取り上げた時は音階が難なくできるまでに回復したところでした。   >>一生忘れら...

肩峰(けんぽう)の位置で親指の痛みが消える?の詳細へ

肩峰(けんぽう)の位置で親指の痛みが消える?

2018年12月7日

痛み

こんにちは!ハリ弟子です。   先日、肩峰(けんぽう)の位置によって呼吸の深さが変わる話を書きました。   >>肩峰(けんぽう)の位置で呼吸が変わる?   それに、アレクサンダー・テクニークのアレクサンダーさんも肩や肩甲骨のポジションに着目してい...

アレクサンダー・テクニークで言う良い姿勢・動きとは何かの詳細へ

アレクサンダー・テクニークで言う良い姿勢・動きとは何か

2018年12月6日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   アレクサンダー・テクニークを学ぶ過程、また教える中で、姿勢と動きのどちらを見るのだろう?と考えることがあります。 姿勢とは姿(すがた)の勢いだからやっぱり動きなんですよと言って両方を一緒に考える人もいますが、でもその動きも無限のヴァリエーションがあ...

楽器練習に動画活用のすすめの詳細へ

楽器練習に動画活用のすすめ

2018年12月5日

コントラバス

こんにちは!ハリ弟子です。   楽器の練習を動画に撮って見てる人ってどのくらいいるのでしょう?   ハリ弟子は最近になって始めましたがけっこういいです!   前は録音をとっていたこともあるのですが、コントラバスみたいな低音楽器はよほどいい機材でないとしょぼい...

肩峰(けんぽう)の位置で呼吸が変わる?の詳細へ

肩峰(けんぽう)の位置で呼吸が変わる?

2018年12月4日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   最近、自分でも試していてそれなりに効果を感じる体の使い方があります。   それは、肩峰(けんぽう)を前、上の方向にあえて持っていくことです。   鎖骨と肩甲骨の出会うあたりを肩峰といいます。 ここを図のように前、上の方向...

来年1月から見るレッスンを導入します(アレクサンダー・テクニーク)の詳細へ

来年1月から見るレッスンを導入します(アレクサンダー・テクニーク)

2018年11月30日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   仮免許時代も含め、アレクサンダー・テクニークのレッスン活動を始めてから1年半ほどがたちました。   その間もずっと、経験を積んだベテラン先生のレッスンを受けたり、興味をひいた先生の書いたものを読んだり、自分なりに研究を続けています。 &n...

  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter