音楽家とミュージシャンのための身体メンテナンス(東京都品川区品川駅)
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

オフィシャルブログ

鍼のリスクーその後ーの詳細へ

鍼のリスクーその後ー

2017年11月11日

雑記

こんにちは!ハリ弟子です。   去る9月、プロ野球の沢村選手が球団所属トレーナーの鍼治療により長胸神経麻痺を起こした可能性があるとのことで、球団が沢村選手に謝罪したニュースがありました。     ハリ弟子も驚きをもってこの報道を受けとめ、ブログにも記事をあ...

ツボとコミュニケーションの詳細へ

ツボとコミュニケーション

2017年11月10日

東洋医学

こんにちは!ハリ弟子です。   昨日は、身体への指示言語に関するコミュニケーションのお話でした。   世界共通で用語が整備されている解剖学に基づいて会話をしようというのが、今の大きな潮流です。   これはこれで、みんなが同じ意味で言葉を使っていれば、効率的に...

ディストニア雑感の詳細へ

ディストニア雑感

2017年11月8日

雑記

こんにちは!ハリ弟子です。   最近、ディストニアについてあらためて勉強しています。   その理由など詳細は差し控えますが、この疾患に対して鍼灸でどのようなアプローチができるのか、情報収集のためにネット検索すると、意外なほど多くの治療院がこの病気に取り組んでいることに驚き...

素問 痺論篇 第四十三の詳細へ

素問 痺論篇 第四十三

2017年11月7日

東洋医学, 痛み

こんにちは!ハリ弟子です。   あたたかい日が続きますが、朝夕は冷え込むようになってきました。   寝る時に布団をかぶるかはずすか、毛布まで出すかどうか、悩ましい季節です。   ハリ弟子は、寝ながら無意識に布団をはいでしまい、明け方に冷え切った体で目を覚まし...

その向上心が危ないの詳細へ

その向上心が危ない

2017年11月6日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   ハリ弟子が通うアレクサンダー・テクニークの学校Body Chanceの校長ジェレミーはオーストラリア人ですが、「でも」という日本語は知っています。   なぜなら、生徒の日本人がよく「でも」と言うからです。   例えば、弦楽器の...

ハリ弟子、鍼治療を受けるの詳細へ

ハリ弟子、鍼治療を受ける

2017年11月5日

東洋医学

こんにちは!ハリ弟子です。   江古田音楽祭も終演し、まったりモードになってきました。   先月はチラシはさみなどの作業で中腰になることが多く、腰にダメージが来ていたので、鍼治療を受けに行きました。   行く先は、所沢のとある鍼灸院です。   ...

鼻抜けに取り組む(7)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(7)

2017年11月3日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   クラリネット奏者の鼻抜けにアレクサンダー・テクニークで取り組むシリーズ第7回。   今回で完結です。   前回は、親知らずを抜くことと鼻抜けの関係として、上あごの骨の中にある上顎洞という空洞に歯の根っこが通じていて、抜歯した時...

コントラバス指板の功罪の詳細へ

コントラバス指板の功罪

2017年11月2日

コントラバス

    こんにちは!ハリ弟子です。   ずいぶんと遅い季節に台風がやってきたと思ったら、翌日は木枯らし一号。   とってもおかしな今年の気候ですが、ようやく順調に秋から冬に向かっていく気配ですね。 ...

ビワの葉温灸の詳細へ

ビワの葉温灸

2017年10月26日

東洋医学

こんにちは!ハリ弟子です。   だいぶ気温が下がってきた今日この頃です。   行きかう人の装いも冬に近づいてきましたね。   そんな中、知人にお願いしてビワの葉温灸を試していただきました。   お灸にもいろいろな種類があって、どれをどのようにビ...

鼻抜けに取り組む(6)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(6)

2017年10月21日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   しばらく間が空きましたクラリネット奏者の鼻抜けにアレクサンダー・テクニークで取り組むシリーズ第6回。   喉の痛みは起こらなくなってきたのですが、今度はいきなり鼻抜けが起こるようになってしまいました。   鼻抜けの前兆が喉の奥...

鼻抜けに取り組む(5)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(5)

2017年10月15日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   クラリネット奏者の鼻抜けにアレクサンダー・テクニークで取り組むシリーズ第5回です。   レッスンを始めてから4回目、初めにいらしていただいてから1か月程たった頃のことでした。   「最近、喉の奥の痛みはないんですが、いきなり鼻...

江古田音楽祭リハ!!の詳細へ

江古田音楽祭リハ!!

2017年10月12日

江古田ネタ

こんにちは!ハリ弟子です。   いよいよ来週から江古田音楽祭が始まります。   ハリ弟子がお手伝いしているクラシック・トリオ、Pon Pon Tuneも準備に余念がありません。   実際の会場となる江古田の洋食屋さん、砂時計にてリハーサル!   ...

鼻抜けに取り組む(4)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(4)

2017年10月13日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   クラリネット奏者の鼻抜けにアレクサンダー・テクニークで取り組むシリーズ4回目。   前回は、腕から肋骨の動きにアプローチして呼吸に変化があり、結果、喉の痛みが少し減りました。   今日は、もう1つの着目点、股関節について書いて...

鼻抜けに取り組む(3)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(3)

2017年10月11日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   クラリネット奏者の鼻抜けにアレクサンダー・テクニークで取り組むシリーズ第3回です。   前回は、腕の動きを改善することで喉の痛みが小さくなったところで終わりました。   今日は、ハリ弟子が見たこと、考えたこと、やってみたことを...

鼻抜けに取り組む(2)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(2)

2017年10月9日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   鼻抜けの記事の続きです。   前回は、鼻抜けとは何か、またその原因について軟口蓋(なんこうがい)の働きにからめて考察しました。   肺から出た空気は気道を通って上に行き、そのままでは口と鼻の両方に入ってしまうので、軟口蓋が上が...

  • ブログトップ
    ブログ

    音楽家専門はり治療ブログ

  • ブログカレンダー
    2021年8月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter