音楽家とミュージシャンのための身体メンテナンス(東京都品川区品川駅)
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

胸郭出口症候群

来院者

男性 20代 トランペット

期間

2019年4月

症状

フリーランスのトランペット奏者。

緊張すると腰が反って背中が張り疲れる(ただし腰痛には至らない)。その状態で吹き続けることでブレスや音にも影響が出ると考えており改善したい。

また右肩に時折しびれが出る。

施術と経過

実際に楽器を吹いてもらったところ、腰が反り気味で胸郭を後ろに倒し肩甲骨を後ろに引き気味にしていた。

肩甲骨が後ろに引かれると鎖骨と上部肋骨の間がせばまり、腕に行く神経を圧迫しやすい。

背中、特に腰部の緊張を取り、胸椎と肩甲骨の動きをうながすツボを中心に施術してからあらためて吹いてもらうと呼吸がスムーズになったとの感想を得た。

あわせて、アレクサンダー・テクニークのアドバイスで腰部を意図的に屈曲し本人の感覚的には猫背に思えるくらいの姿勢をうながしたら腕がさらに楽になり、肋骨が活発に動き出したことが自覚できた。

体は全身がつながりながら動いている。今回のケースでは腰が反ることと呼吸や右肩のしびれをひとつながりの問題として捉えることができた。鍼灸とアレクサンダー・テクニークを合わせることで背中の張りを解消し、腕が自由に動かせて、呼吸も楽になることにつながった。

使用したツボ

合谷R、尺沢R、T3夾脊L、筋縮、大腸兪L・R、合陽L、飛揚L・R

来院者

女性 20代 オーボエ

期間

2018年7月

症状

音大で専門的に学ぶオーボエ奏者の方。2週間ほど前から右手がしびれ、数日前からは左手もしびれ始めたことから危機感をもって来院。整形外科も受診していて服薬治療中。右手がしびれ始めた時期はコンクールの準備で根を詰めて練習していた。

他に頭痛、肩こり、目のかすみ、たまに腰痛(左)がある。

施術と経過

アレンテストで右橈骨動脈の拍動消失、また右母指内転筋力が左に比べて顕著に弱い。また座位での腰部傍脊柱筋の張りが左が強く右はほぼ弛緩状態。脊柱側弯症の既往はない。

胸郭出口症候群や尺骨神経の問題も視野に入れつつ、右手前腕と脊椎、肩甲骨まわりのツボを使って、鎖骨・肩甲骨の可動性改善と左右の脊柱起立筋をバランスを取ることとした。

施術直後は右手のしびれは消失し左手は若干残存。1か月後に別の症状で来院した際に左右ともにしびれが消失したことを確認した。

使用したツボ

霊道R、四瀆R、天髎R、C7夾脊R、腎兪

関連記事

>>オーボエ奏者の指のしびれ

  • 診療案内
    診療時間 9:00~20:00|休診日 日曜 月曜 祝祭
  • 営業日カレンダー
    « 2021年9月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    • 休診日
    • 営業(9時~20時)
  • アクセス
     bodytune(ボディチューン)は東京都品川駅から徒歩8分。羽田から新幹線からアクセス良好です。
  • 音楽家専門はり治療ブログ
    音楽家のお悩み専門鍼灸師のブログ
  • ツイッター
Twitter