音楽家とミュージシャンのための身体メンテナンス(東京都品川区品川駅)
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

腕・手指の症状

 

 

来院者

女性 50代 ピアノ

期間

2019年10月

症状

1年ほど前からピアノ演奏時に右手全体がこわばった感じがある。特にアルペジオで指が開きにくくなり、スケールでは第4、第5指が巻き込む傾向が表れた。病院を受診したところ右手のフォーカル・ディストニアと診断された。

施術と経過

施術前に実際にピアノを弾いてもらって動作を観察したところ、手首や鎖骨・肩甲骨と腰椎がもっと動ける余地があると感じられた。触診して調べると右の肩甲骨に強い張りがあり、腰に硬い筋張りがあることを確認。体幹側の動きの制約が末端の手首、指に影響していると推測した。

首や肩の筋肉をゆるめ手首を動きやすくするために腕や背中のツボを使用、また腰の動きにも関連して脚のツボに鍼をする施術を繰り返した。またアレクサンダー・テクニークの観点から、椅子の高さや位置を変えてみて(体全体の演奏姿勢を変えて)右手に変化があるかどうか試行した。実際の本番向きではないかも知れないが、椅子を後ろに引きかなり高くした時に手の違和感がもっとも減少した。

3診目、弾いているときに以前のいい感覚が戻るときがあるとフィードバックをいただく。身体的には肩甲骨の位置を後ろに引いておらず、演奏しながら呼吸できているといいが、思考面で自分へのダメ出しが始まると肩甲骨を後ろに引き込むなど症状が出るときの体の状態に引き戻される傾向があると自ら気がつかれていった。

思考と体の反応との関係性をよく自己観察しておられたので、あとは奏法面での探求を自ら続けていただくことでいったん施術終了とした。

使用したツボ

T2(1.5)R、T6(4)R、合谷R、支正R、曲池R、飛揚L・R

来院者

女性 50代 ピアノ

期間

2019年6月

症状

10年ほど前から左手の中指を曲げると隣の薬指が伸びてしまうようになった。中指と薬指を同時に曲げようとすると、薬指の2つの指節間関節どちらかが曲がってどちらかが伸びたままで(いわゆる中折れの状態)固まってしまう。病院を受診してフォーカル・ディストニアの診断を受けた。

施術と経過

実際にピアノで演奏動作を確認したところ、見た目からは分かりにくいが本人の感覚としては違和感があるとのことだった。手首や指の動きと関係するツボを触診すると背中に強い緊張が見られた。脊椎のツボに鍼をして再度ピアノを弾いてもらうと、本人の自覚する違和感がかなり減少した。合わせてアレクサンダー・テクニーク的観点から胸椎回旋の動きを練習するよう提案した。

違和感が筋緊張のパターンから生じることはよくある。ピアノ演奏と指の動きに支障を生じる筋緊張パターンがセットで起こるように体が学習していたとすれば、元になっている背中の緊張を鍼で解除することで指が動きやすくなったことのつじつまが合うと考えられる。

フォーカル・ディストニア自体は脳の疾患と考えられており、(もしそれが正しければ)動きの不具合につながる筋緊張を生じるような脳の活動にアプローチしなければならない。しかし同疾患の症状と見なされているものの中には、筋肉の状態を変化させることで一定程度改善するものが含まれているかも知れず、本症例も(長い経過のうちの少なくとも現時点では)その1つと考える。

使用したツボ

玉陽L・R、C7夾脊L、T4夾脊R、T5夾脊R、天髎L

来院者

女性 20代 クラリネット

期間

2019年7月

症状

音大クラリネット科の学生。

数日前に左手小指のキーがすべるようになった。その後、手首、肘、上腕へと痛みがひろがり腕全体が痛い。レジスターキーの操作もやりづらく練習に支障が出ている。

施術と経過

左手の動きを確認すると、手首の屈伸と前腕の回内・回外の可動域が狭くなっていることが分かった。手首を屈曲した状態で特に痛みが誘発され、強いつっぱりにより手背をベッド面につけることができないくらいだった。

触診すると背中の肩甲間部に強い硬結を認めたため、胸椎の可動性を回復する施術をした。施術後は手首の可動性も回復し、痛みなく手背をベッド面につけられるようになった。

後日メールでやりとりしたところ腕の症状については問題になっていないことを確認した。

手指や腕は肩甲骨、鎖骨を介して体幹の骨格と接続している。胸椎の動きが悪くなると肩甲骨の可動性を損ない、結果として末端の手指の動作がやりづらくなるといった症状で表れる。このような場合、症状の出ている手や腕のツボを使っても改善は可能だが、多くの音楽家にとって手は繊細なコントロールをしたいところであり、そこに直接鍼をするのは抵抗がある。この例では手や腕には一切触れず、症状の大元となる胸椎にアプローチすることで解決ができた。

使用したツボ

玉陽L、T1(1.5)R、T3(1.5)L、T5(1.5)L

来院者

女性 40代 ヴィオラ

期間

2019年2月

症状

長時間弾き続けていると右手首橈側に鈍痛が生じ、力の加減が難しくて演奏中に弓を落としそうになる。特にff直後の弱音やドルチェ、ミュート外してすぐの先弓でのpの場面で弓を落としたくないので力が入って音がぎこちなくなりがち。弓を落とすのも音に出てしまうのもどちらも怖く、手汗が出て余計滑りやすくなる悪循環にはまってしまう。

整形外科を受診したところ右手指の腱鞘炎で薬指以外の全指で炎症があることが分かり、パラフィンによる温熱治療をしている。

さらにできることがあればと思って来院。

施術と経過

触診したところ、右肩甲骨と脊椎の間に硬結を確認した。また、ふくらはぎの肩こりに関係するツボも顕著に硬くなっていた。

肩こりから肩甲骨及び鎖骨の可動性が損なわれ、腕の動きが制約されることで腱鞘炎や力のコントロール不調を生んでいると考え、肩甲骨と脊椎の可動性を回復し、肩こりに効果のあるツボを中心に施術することとした。

合わせてアレクサンダー・テクニークの観点から鎖骨・肩甲骨を前の方に運び、肘の屈曲・伸展を積極的に使って弓と弦が当たる角度など調節するよう提案したところ、先弓でも置きやすくなり手首や指も楽になった。

数か月後、別の症状で来院した際に、腱鞘炎も治り弓を落としそうになる症状も解決したことを確認。

使用したツボ

C7夾脊R、T7夾脊R、魄戸L・R、膏肓R、膈兪L・R、飛揚L・R

来院者

女性 50代 衣装制作

期間

2018年5月

症状

舞台衣装、小道具などの制作を仕事にしている。多くて1日10時間ほど縫製作業があり、しかも革などの固い素材を扱うため腕を酷使する(加えて現場への搬出入など重いものを持ち運びしなければならない)。

作業が続く中、1か月前から右の肩と腕に慢性的な痛みを感じるようになった。右上腕の肩関節から肘にかけての前面と後面、右肩甲骨の後面に特に痛みを感じる。

施術と経過

右の上腕二頭筋、円回内筋に非常に強い硬結を触知した。結髪動作では特に異常ないが、結帯動作をしてもらうと肩関節前面に痛み、肩関節の水平外転で上腕前面から肘にかけてと上腕後面から肩甲骨後面にかけて痛みを誘発した。右肩が常に上がった状態にあり、腰部にも強い張りがあった。

作業で酷使されている筋肉の緊張をまずはゆるめると同時に腕の緊張に反応して固くなっている脊椎の動きを改善する方針で施術した。

上腕から肘にかけてと脊椎そして腰部のツボを使い、週1回、2回の施術で症状が寛解したので施術終了とした。

使用したツボ

侠白R、曲沢R、手三里R、大椎、T4夾脊、T7夾脊、腎兪

来院者

女性 30代 オーボエ

期間

2019年1月

症状

プロのオーボエ奏者の方。1年ほど前から右手薬指がからむ運指がやりづらくなり、薬指が上がらずにミストーンになることもある。

また首肩から背中にかけて慢性的にひどいこりがあり、現在は治っているが小児喘息をやったことがある。

施術と経過

オーボエを構えて実際に右薬指がからむ音形を演奏してもらうと、確かに薬指だけが伸展した状態で動かしにくそうになっていた。腕の構造全体の中で末端の指が動かしにくい時は、指より体幹側の手首、肘、肩、肩甲骨そして胸椎がどう動くと良いか考えると解決につながることが多い。

そこで肘、肩甲骨、脊椎及び脊椎の動きと関係する足のツボを使って調整。

施術後、首肩から背中の慢性的なこりが軽くなり、再度演奏してもらうと薬指がより上がるようになった。鍼をする前は肩を回すとゴリゴリとしていたのがなくなりかなり楽になったとの感想をいただく。

続けてアレクサンダー・テクニークを使って前腕の回内・回外の動きでさらに微妙な手首の角度調整を行った。

3か月ほど継続して来院いただき、4回目でほぼ気にならないレベルまで動きが良くなったので終了とした。

指の不調はすべて首肩こりから来ている、あるいは首肩こりがあると必ず指の不調を招くというほど単純ではないが、本来動けるところを固めたままやり続けることで高い巧緻性を要する動作ほどやりづらくなる。一般的日常動作ではそこまでの巧緻性が要求されず単なる首肩こりで済むものが、演奏家の場合には演奏できるかできないかといった白黒つきやすい形で症状があらわれるように思う。

使用したツボ

C7夾脊L、T5夾脊L、陽池L・R、肩外兪L・R、申脈L・R

来院者

女性 30代 ヴァイオリン

期間

2019年4月

症状

プロとして活動するヴァイオリニストの方。

数年前から左右ともに手首と指が痛むようになり、ヴァイオリンを弾くと症状が悪化するので練習時間をセーブしている。

病院では腱鞘炎・関節炎と診断され、耐えられない時は注射で緩和したりセレコックス(消炎・鎮痛剤)を服用して対処している。

他に痛みを感じるほどの首肩こり、腰痛がある。

施術と経過

頚椎を含めて脊椎の近接部位に痛みがあり、触診すると傍脊柱筋の緊張度が高いように見受けられた。また上腕二頭筋や前腕の屈筋、伸筋群も強い張りが認められた。

全身にテンションを少しゆるめるようなツボの選択をするが、手首や指との関連では特に肩甲骨と胸椎のツボを使うこととした。

施術後、首の痛みが消えて上を見上げる動作が楽にできるようになった(術前は痛みで困難だったとの話)。

また手首の痛みも消失。ただし、肩甲間部の痛みが少し残ったのと前腕部が重だるい感じになり今後の課題となった。

使用したツボ

尺沢R、孔最R、C5夾脊L・R、T3夾脊L、T5夾脊L、天髎L・R、膏肓L・R、委中R、飛揚L・R

来院者

女性 40代 フルート

期間

2018年11月

症状

アマチュアでフルートを演奏していて、左手親指が動かしづらく特にトリルで指が固まって動けなくなる。左手親指は他にも開きにくいなどの症状があり、テレビのリモコンやスマホの操作がやりづらい。

痛みやしびれもあり、病院で頚椎ヘルニア、手首TFCCの診断を受けている。右手も痛みやしびれがあるが、動かしにくくて困るのは主に左手。痛みは右肘が特に顕著。

また呼吸時に左肩甲骨下あたりが痛む。

施術と経過

試みにリモコンを左手で持って操作してもらうと、親指の第1関節が伸展、第3関節が動かないまま第2関節だけを動かしていた。他動的にそれぞれの関節を動かしてみると特に痛みなどはなく可動性にも問題は見られなかった。フルートの演奏でもその指の形は変わらず、トリルができない状態だった。

全身の動きに目を向けると特に鎖骨・肩甲骨が動いておらず、腕の動きとの協調をもっとよくする余地があるように見えたので、座位のまま左肩甲骨付近のツボに鍼をしたところ、直後から左手がぼうっと温かくなったとの感想。

再度フルートを吹いてもらうと、さっきできなかったトリルが問題なくできるようになった(ただし長く続けると少し動きが固まってくる感触あり)。親指の第1関節と第3関節も動きに参加し始めているのが見て取れた。

観察を踏まえて、鎖骨・肩甲骨を含めた上肢帯全体の動きを改善し、また全身にやや緊張気味だったのでテンションを落とす方向でのツボを選び、施術した。

施術後、左手親指の動きが改善し、右肘の痛みは肘下前腕の半分くらいまで感じていた痛みが肘までに後退した。

使用したツボ

天髎L、膈兪L、肩中兪R、厥陰兪R、身柱、神道

関連記事

>>背中のツボでフルートの左手親指のトリルを改善

  • 診療案内
    診療時間 9:00~20:00|休診日 日曜 月曜 祝祭
  • 営業日カレンダー
    « 2021年9月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    • 休診日
    • 営業(9時~20時)
  • アクセス
     bodytune(ボディチューン)は東京都品川駅から徒歩8分。羽田から新幹線からアクセス良好です。
  • 音楽家専門はり治療ブログ
    音楽家のお悩み専門鍼灸師のブログ
  • ツイッター
Twitter