東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

オフィシャルブログ " アレクサンダー・テクニーク "

バジル先生の吹奏楽相談室の詳細へ

バジル先生の吹奏楽相談室

2020年8月24日

バジルさんの新しい本『バジル先生の吹奏楽相談室 よくわかる指導編』と『バジル先生の吹奏楽相談室 たのしく上達編』(学研)が出ました。   この本は著者バジルさんの他に各楽器それぞれ専門の奏者が執筆したコラムがあります。   そうしたコラムのうち、コントラバスのページを...

緊張する場面での考え方ひとつの詳細へ

緊張する場面での考え方ひとつ

2020年8月4日

新型コロナの影響で中止・延期を余儀なくされた演奏会。   小規模のアンサンブルなど、厳重な感染対策を取りながらポツポツと再開されるようになりました。   そんな中、鍼の施術でいらしているアマチュア奏者Aさんも近々本番があるとのこと。   「昔から本番ですごく...

うまく行かない時は効能の境界と条件をあぶりだすチャンスの詳細へ

うまく行かない時は効能の境界と条件をあぶりだすチャンス

2020年6月29日

アレクサンダー・テクニークの新米教師でよく話題になること。   「えらい先生と同じやり方したのにうまくいかなかった」   こんなときどう考えたらよいのか?   自分はそのえらい先生とは違う。   教えた相手の生徒も違う。   人が...

ボディワークという言葉の詳細へ

ボディワークという言葉

2020年6月11日

Definition of bodywork 1: a vehicle body 2: the act or process of making or repairing vehicle bodies 3: therapeutic touch...

久々のアレクサンダー・テクニーク対面レッスンは鍼灸とのハイブリッドになったの詳細へ

久々のアレクサンダー・テクニーク対面レッスンは鍼灸とのハイブリッドになった

2020年6月8日

昨日は久しぶりに対面でのアレクサンダー・テクニーク。   クラリネットの方にレッスンしました。   僕のところに来るのはどこかしら体に不調を感じている方が多いです。   今回の方は左手の指がこわばる現象について解決策を求めてきました。   普通...

アレクサンダー・テクニークの対面レッスン再開の詳細へ

アレクサンダー・テクニークの対面レッスン再開

2020年5月28日

新型コロナの緊急事態宣言解除と東京都の休業要請緩和を踏まえてアレクサンダー・テクニークの対面レッスンを再開します。   個人レッスンはこれより随時受け付けます。   またグループレッスンは直近の6月3日(水)夜クラスから始めます。   グループレッスンの定員...

腕がゆれてしまうトランペット奏者とのレッスンの詳細へ

腕がゆれてしまうトランペット奏者とのレッスン

2020年5月27日

楽器をかまえる時に腕がゆれてしまうトランペット奏者にアレクサンダー・テクニークのレッスンをしました。   マウスピースをアンブシュアに接する瞬間はとても繊細です。   思ったところにカップがおさまらないと吹きたくても吹けません。   そんな感覚は管楽器の人な...

オンライン・ワークショップの開催の詳細へ

オンライン・ワークショップの開催

2020年5月15日

5月31日、かみさんの道子とアレクサンダー・テクニークの3時間オンライン・ワークショップをします。   僕は以前ブログでも紹介したことがある「最初からブレスが増し増しになるエクササイズ」、   道子は「思いのままに演奏ができる心と体のつくり方」をお送りします。 &nbs...

動きが見える・見えない問題の詳細へ

動きが見える・見えない問題

2020年3月9日

  ネイサン・レンツの『人体、なんでそうなった?』(久保美代子訳、化学同人出版)を面白く読みました。   中でも面白いと思ったのは人間の視覚について。   人間の視覚は1秒間に15枚のスナップショットが目...

アレクサンダー・テクニークのレッスンに感じる矛盾の詳細へ

アレクサンダー・テクニークのレッスンに感じる矛盾

2020年2月19日

  一昨日の記事の続きを書いてみました。   >>期待されている(と自分が感じている)役割を演じることの愚   あらゆるレッスンは先生が生徒に教える形態をとります。   レッスンとい...

期待されている(と自分が感じている)役割を演じることの愚の詳細へ

期待されている(と自分が感じている)役割を演じることの愚

2020年2月17日

  英国のアレクサンダー・テクニーク教師、ピーター・ノブズの本 "Mindfulness in 3D" の翻訳を進めています。   ちょっと面白いと思ったところをつまみ食い。   ピーターはアレクサンダー...

巻き肩を指摘する前にの詳細へ

巻き肩を指摘する前に

2020年2月13日

  先日、何か月も肩こりと腕の重だるさ、腰痛が取れず心配になった音大生の方がいらっしゃいました。   人からは巻き肩であることを指摘され、肩甲骨を後ろに寄せておいた方がいいと言われるそうです。   まあ言いた...

カラダの地図はいろいろあっていいの詳細へ

カラダの地図はいろいろあっていい

2020年2月9日

  ある整体の技法で、股関節外転の時の脚の回転中心を仙腸関節と見なすという話を聞きました。 PRiCO(ぷりこ)さんによるイラストACからのイラスト   股関節外転の回転中心は、解剖学的にはもちろん大腿骨頭です...

ピチカートの指の腹(観察の大切さ)の詳細へ

ピチカートの指の腹(観察の大切さ)

2020年1月31日

  僕は趣味でコントラバスを弾きますがピチカートが下手です。   なのでとにかく観察をします。   よく「指の腹で」と言われるあの腹はどこのことを言っているのか。   これなのか、 &nb...

腹筋より大切な体幹のための筋肉の詳細へ

腹筋より大切な体幹のための筋肉

2020年1月29日

  体幹、体軸が大事だとよく言われます。   スポーツでも武道でもまた音楽の世界でも、そんなものは要らないと積極的に主張する人はいないでしょう。   人が体幹、体軸でイメージするのは安定性です。  ...

このやり方で正しいかどうかが分からないの詳細へ

このやり方で正しいかどうかが分からない

2020年1月23日

  先日、フォーカル・ディストニアと診断されたピアノ奏者の方とお話ししまして、思うところあったので書いてみます。   ディストニア、、に限らずあらゆる不調やスランプの類を経験すると、自分のやり方でいいのかどうか自信がなくな...

テクニックはつきつめれば音を2つに分けるだけだけどの詳細へ

テクニックはつきつめれば音を2つに分けるだけだけど

2020年1月20日

  難しいところだけ取り出すとできるけど、全部通すとうまく行かない。   長い間この問題に悩まされてきました。   僕はもともとチューバを吹いていて、かなりおっさんになってからコントラバスに変わった人です。 ...

アレクサンダー・テクニーク 1Day ワークショップやりますの詳細へ

アレクサンダー・テクニーク 1Day ワークショップやります

2020年1月14日

  僕のかみさんの道子はアレクサンダー・テクニーク教師でかつヨガ・インストラクターです。   その道子と合同で開催するアレクサンダー・テクニークのワークショップ、今年も開催することになりました。   2月26...

鍼灸師とアレクサンダー・テクニークを語る(2)の詳細へ

鍼灸師とアレクサンダー・テクニークを語る(2)

2020年1月11日

  群馬 養気院の副院長岡本さんとアレクサンダー・テクニークを語るシリーズ、続きです。 動きの観察ってどんなふうに見えるの? 僕の通ったアレクサンダーの養成校は授業はグループ形式で、先生1人に何人かの生徒で進みます。  ...

鍼灸師とアレクサンダー・テクニークを語る(1)の詳細へ

鍼灸師とアレクサンダー・テクニークを語る(1)

2020年1月10日

  1月5日(日)のアレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会に群馬から岡本悠馬さんが来てくれました。   岡本さんは整動鍼発祥の鍼灸院、養気院の副院長です。   「そもそもアレクサンダー・テクニークって何な...

久しぶりに練習したら弾き心地にとらわれたの詳細へ

久しぶりに練習したら弾き心地にとらわれた

2019年12月26日

  久しぶりに楽器(コントラバス)の練習をしました。   久しぶりであるがゆえに気がつくこともあります。   それは「弾き心地」にとらわれた弾き方をしていたということ。   演奏中、1人の人間の...

  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年9月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter