東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛

オフィシャルブログ " アレクサンダー・テクニーク "

エンド・ゲイニングとは何ぞや?の詳細へ

エンド・ゲイニングとは何ぞや?

2019年6月23日

    英国のアレクサンダー・テクニーク教師、ピーター・ノブズの著書 "Mindfulness in 3D" を読みました。   ピーターは昨年来日してBody Chanceで教えてくれた先生です。  ...

弾きたい音を奏でるために ~「音楽を楽しんでいますか?」~の詳細へ

弾きたい音を奏でるために ~「音楽を楽しんでいますか?」~

2019年6月22日

    好きで楽しいからやっていたものがいつしかつらく苦しいものになることもあります。   そんなとき何を頼りにすればいいのか。   かみさんの道子によるヴァイオリンの方とのレッスン記録です。 &...

スキルアップに必要なのはパワーではなく可動性の詳細へ

スキルアップに必要なのはパワーではなく可動性

2019年6月21日

    「これをできるようにするにはどこを鍛えればいいですか?」   アレクサンダー・テクニークのレッスンでときどきこんな質問を受けます。   「鍛える」の意味によりますが、質問者の意図を察するに「...

トロンボーンの低音と目の使い方の詳細へ

トロンボーンの低音と目の使い方

2019年6月19日

    今日はヨガとアレクサンダー・テクニークをやる僕のかみさんの道子によるレッスンをご紹介します。   いらしたのはトロンボーン奏者の方。   「低音」と空間における上下がないまぜになった時、体に...

良し悪しの基準を持っていますか?の詳細へ

良し悪しの基準を持っていますか?

2019年6月18日

    僕は楽器の方とアレクサンダー・テクニークのレッスンをする時、一番好きな演奏家をお聞きするようにしています。   なぜか?   アレクサンダー・テクニークを使った演奏とそうでない演奏では何かが...

とうとう壁を破った気がしますの詳細へ

とうとう壁を破った気がします

2019年6月14日

    定期的に僕のレッスンを受けてくださっているコントラバス奏者の澤井 慶さん。   そもそも一番最初にお会いしたのは僕が所属するアマオケの演奏会にトラとしてお越しいただいた時でした。   うちの...

クラリネット奏者大谷淳子さんの体メンテナンスの詳細へ

クラリネット奏者大谷淳子さんの体メンテナンス

2019年6月13日

    スイス在住のクラリネット奏者大谷 淳子さん。   一時帰国のたびに僕のかみさん、道子のヨガにいらしてくださいます。   今日は道子のブログに寄せていただいたメッセージをご紹介します。 &n...

「フォルテのところが苦しい」 ~クラリネット奏者の方へ~の詳細へ

「フォルテのところが苦しい」 ~クラリネット奏者の方へ~

2019年6月11日

    かみさんのレッスン(アレクサンダー・テクニークとヨガ)を紹介するシリーズ。   今回のお相手はクラリネット奏者のようです。   ***************************** ...

フルートと肋骨、腕の詳細へ

フルートと肋骨、腕

2019年6月7日

    アレクサンダー・テクニークとヨガをやる道子(僕のかみさん)によるレッスン記録のご紹介。   今回はフルート奏者の腕と肋骨がテーマです。   *************************...

「演奏に役立つヨガポーズ」を教えてもらいました!の詳細へ

「演奏に役立つヨガポーズ」を教えてもらいました!

2019年6月5日

    うちのスタジオに来ていただいた方には分かりますが、僕がアレクサンダー・テクニークのレッスンをする部屋は僕のかみさんの道子がヨガ・レッスンする部屋と同じです。   その道子が4月に大阪で開催したワークショッ...

アンブシュアがふるえてしまうクラリネット奏者とのレッスンの詳細へ

アンブシュアがふるえてしまうクラリネット奏者とのレッスン

2019年6月2日

    今日は月一開催の江古田レッスン会。   参加者はアンブシュアがふるえてしまうクラリネット奏者の方。   この画像はTpですが、、 実は4月のレッスン会にご参加いただいていて今回は...

立奏の時おぼえておきたい足裏のことの詳細へ

立奏の時おぼえておきたい足裏のこと

2019年5月25日

    立奏でやたら足の裏が疲れる、、、   なにをかくそう、僕のことです。   コントラバスを立ちで演奏すると足の裏がとても疲労します。   座奏ならいいかというとそんなことはなくて...

最初からブレスが増し増しになるエクササイズの詳細へ

最初からブレスが増し増しになるエクササイズ

2019年5月24日

    『ランニングを極める』の著者マルコム・ボークから教えてもらったエクササイズ。   もしかしたら管楽器のブレスにもいいんじゃないかと思って先日生徒さんといっしょにやってみました。   &n...

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会(第2回)の詳細へ

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会(第2回)

2019年5月22日

    音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会(第2回)を6月末に開催します。   1日目は管楽器奏者向け、2日目は弦楽器奏者が対象です。   両日とも午前中は各楽器の演奏上のお...

意外な盲点があったテヌート・タンギングの詳細へ

意外な盲点があったテヌート・タンギング

2019年4月28日

    続く時は続くもので一昨日もオーボエ奏者とのアレクサンダー・レッスンでした。   ある程度大き目の音をテヌート気味に長めに保つフレーズのタンギングが以前から苦手というご相談。   やってもらう...

高い音から低い音への跳躍法の詳細へ

高い音から低い音への跳躍法

2019年4月24日

    先日、アレクサンダー・テクニークのレッスンのさなか、オーボエの高い音から低い音への跳躍について相談されました。   一般論として、同時にたくさん穴をふさぐ時の指、アンブシュア、ソルフェージュ、息などがあり...

10年越しの不調解決の糸口が見えてきましたの詳細へ

10年越しの不調解決の糸口が見えてきました

2019年4月22日

    弦をはじく際に指を巻き込んでしまう現象に10年来悩まされてきた方がいらっしゃいました。   最近はパソコンのタイピングなど楽器以外の動作でも同じ現象が現れるとのお話しでした。   察しのいい...

チェロの高音で身構えてしまうの詳細へ

チェロの高音で身構えてしまう

2019年4月19日

    先月の「音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2 days レッスン会」でのひとコマ。   チェロの参加者の方から高い音への跳躍について相談いただきました。   高い音で左手の指を当ててきれい...

脱力しても鍛えてもうまく行かない時はの詳細へ

脱力しても鍛えてもうまく行かない時は

2019年4月15日

    「僕は筋トレをしません。」   いつだったか、野球のイチロー選手がインタビューで言ってるのを聞いたことがあります。   楽器演奏ではよく脱力が大事と言われます。   また、...

英国王立音楽大学のアレクサンダー・テクニークことはじめの詳細へ

英国王立音楽大学のアレクサンダー・テクニークことはじめ

2019年4月13日

    以前このブログでご紹介した(>>こちら)イギリスのコントラバス奏者が書いたアレクサンダー・テクニークの本"the alexander technique for musicians"の翻訳版が今度出ます。 ...

問いの立て方の詳細へ

問いの立て方

2019年4月12日

    僕はアレクサンダー・テクニークの学校に5年も通ってこれを教える資格を取ったのですが、学校の先生の言葉でなかなか違和感のぬぐえない言い回しがありまして、それがこれ。   "Do you believe Al...

  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter