東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛

オフィシャルブログ " アレクサンダー・テクニーク "

弦楽器奏者に役立つ動きのリソース(下肢)の詳細へ

弦楽器奏者に役立つ動きのリソース(下肢)

2019年2月20日

弦楽器奏者に役立つ動きのリソース、今日は下肢(かし)です。   下肢=股関節から下の足のことです。   チェロやコントラバスのように楽器を立てて重さを自分にあずけながら弾く楽器では、足の使い方ひとつで弾きやすさが変わってきます。   楽器自体の重さプラス...

弦楽器奏者に役立つ動きのリソース(上肢)の詳細へ

弦楽器奏者に役立つ動きのリソース(上肢)

2019年2月19日

リソースとは資源とか使えるものという意味です。   弦楽器の演奏において普段見落としがちだけど、この動きも演奏に役立つよね!というものをいくつか書こうと思います。   今日は上肢(じょうし)。   難しい用語を使いましたが、要は「腕」です。   ...

神奈川フィル元団員 澤井さんとレッスンの詳細へ

神奈川フィル元団員 澤井さんとレッスン

2019年2月18日

ご縁あって、神奈川フィルハーモニー管弦楽団元団員でコントラバス奏者の澤井 慶さんにアレクサンダー・テクニークのレッスンをさせていただくことになりました。   「コントラバスこそアレクサンダー・テクニークを取り入れるといいと思うんですよね。」   という澤井さんからの一言が...

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会の詳細へ

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会

2019年2月10日

3月30日、31日にアレクサンダー・テクニーク教師でヨガ・インストラクターの道子と夫婦で音楽家向けアレクサンダー・テクニーク&ヨガのワークショップをします。   2日間で3コマ、セッションA~Cまであります。   セッションAは、鼻抜けに悩む木管リード楽器(クラリネット・...

アンブシュアの感覚はどのくらいあてになるの?の詳細へ

アンブシュアの感覚はどのくらいあてになるの?

2019年2月8日

昨日の「クラリネット アンブシュアの支え」の記事の続きです。   クラリネットのアンブシュアを作るために(これが本当に正しい理解かどうか分からないのですが)どうも唇を真ん中に寄せ集める動きと、その反対に唇を四方八方に引っ張る動きを拮抗させることで安定したコントロールを得ようとしてるので...

クラリネット アンブシュアの支えの詳細へ

クラリネット アンブシュアの支え

2019年2月7日

クラリネットのアンブシュアに支えという考え方があるかどうか分かりません(少なくとも金管ではたまに聞きます)。   でも、息の支えという言葉でやっていることとの類似で、考えてみるといいかもと思うことがあったので書いてみます。   ただし、僕はクラリネットの専門ではないので見...

浜松で打楽器ワークショップに参加の詳細へ

浜松で打楽器ワークショップに参加

2019年2月4日

アクト・シティ浜松(ここには泊ってません)   昨日今日と一泊して浜松に帰省しました。   ちょうどそのタイミングで開催されたマリンバ奏者 間瀬 早綾香さんのワークショップに見学参加。   間瀬さんとは東京のBody Chanceでご一緒しており、とも...

オーボエ奏者の指の上がりづらさに取り組んだレッスンの詳細へ

オーボエ奏者の指の上がりづらさに取り組んだレッスン

2019年2月1日

先日ブログに書いた右薬指を動かしづらくなってしまったプロのオーボエ奏者の方とのレッスン。   >>木管楽器の薬指問題を考える   ご本人に許可をいただいてその時の様子を掲載します。     一番気になるのは薬指を上げられないという...

鼻抜けを考える(2019年1月版)の詳細へ

鼻抜けを考える(2019年1月版)

2019年1月22日

おととしの9月から10月にかけて「鼻抜けに取り組む」とのタイトルでたくさんの記事をブログにあげました。   それからさらに多くの鼻抜けに悩む管楽器奏者と向き合ってきて、だんだんと鼻抜けの方に共通する演奏姿勢について見えてきたものがあります。   ここ数日は、あえてその姿勢...

木管楽器の薬指問題を考えるの詳細へ

木管楽器の薬指問題を考える

2019年1月21日

先日、プロのオーボエ奏者の方がいらして、右手の薬指が動きづらいとのご相談を受けました。   もしかしたらディストニアではないかとの不安もあり(ただし病院は未受診)、また首、肩、背中のコリがひどいとの自覚からそうしたコリのせいで動きが不自由なのでは?と考えて、鍼灸と動きの改善(アレクサン...

3月のワークショップ企画の詳細へ

3月のワークショップ企画

2019年1月20日

ちょっと先ですが、3月30日&31日に演奏家の不調をテーマにしたアレクサンダー・テクニークとヨガのワークショップを開催します。   今日はそのご紹介、2日で3コマやります。 3月30日(土)9:30~12:30 クラリネット・オーボエ・サックス奏者のための鼻抜け相談&レッスン会...

レッツ・エンド・ゲインの詳細へ

レッツ・エンド・ゲイン

2019年1月19日

昨日は同じ学校でアレクサンダー・テクニークを学ぶオーボエ奏者の方がいらしてくれて、アレクサンダー・テクニークについて話し込んでしまいました。   かなり根源的な深い疑問をぶつけられて、こちらも刺激になりとても勉強になりました。   アレクサンダー・テクニークの用語にエンド...

坑道のカナリアの詳細へ

坑道のカナリア

2019年1月10日

鍼灸師になるより以前、仕事の関係で釧路の炭鉱に入ったことがあります。   地上の入り口から人車(じんしゃ)に乗ってトンネルをくだりました。   採炭の現場は海の底のさらに下で、狭さもあって、何かあったらと思わせずにいないところでした(実際には二重三重に安全策がとられていて...

オーボエ奏者の腕はどうあるべき?の詳細へ

オーボエ奏者の腕はどうあるべき?

2019年1月8日

趣味でオーボエをなさる方から聞かれました。   「オーボエを構えるのに脇を締めるのと開けるのとどちらがいいんでしょうか?」   結論から言うとどちらでも構えることはできると思います。   考えなければならないのは楽に持てて運指にも無理がないことです。 &n...

パイロットは乱気流の揺れを非難されるかの詳細へ

パイロットは乱気流の揺れを非難されるか

2019年1月4日

僕が初めて乗った飛行機は、ソ連時代のアエロフロートで成田-モスクワ便でした。   アルジェリアのキャンプでボランティアとして働く面白い仕事があり、成田からアルジェに飛ぶ最安値がモスクワ経由だったのです。   この飛行機が実によく揺れました。   モスクワに着...

オーボエ奏者の鼻抜けに効いたアドバイス2つの詳細へ

オーボエ奏者の鼻抜けに効いたアドバイス2つ

2019年1月3日

地方でプロとして活動するオーボエ奏者の方が月に1回程度いらっしゃいます。   目的はアレクサンダー・テクニークのレッスンです。   昨年の4月ごろに大きな本番で鼻抜けが起こってしまい、それ以来調子を取り戻せなくてご相談いただいたのがきっかけでした。   いら...

日本でアレクサンダー・テクニークを仕事にするにはの詳細へ

日本でアレクサンダー・テクニークを仕事にするには

2018年12月28日

こんにちは!ハリ弟子です。   「アレクサンダー・テクニーク」というキーワードでWeb検索するといろんなものが出てきます。   姿勢、肩こり、腰痛、緊張、アガリ、音楽家、楽器、演技などなど、何のこっちゃですね。   海外ではパーキンソン患者のリハビリに取り組...

アレクサンダー・テクニークは何でテクニーク(技術)って言うんですか?の詳細へ

アレクサンダー・テクニークは何でテクニーク(技術)って言うんですか?

2018年12月27日

こんにちは!ハリ弟子です。   アレクサンダー・テクニークの業界では、頭と脊椎の関係性についてアレクサンダーさんが発見したことは、もともと人間に備わっているものと考えられていて、そう教えられます。   そうだとすると、この発見されたもの自体は、アレクサンダーさんとは関係な...

認知対認知の翻訳スキルの詳細へ

認知対認知の翻訳スキル

2018年12月26日

こんにちは!ハリ弟子です。   情報を受け取ったり物事を考えたりする時のその人特有のやり方を認知特性と呼ぶそうです。   基本的には視覚を使うのが得意な人、聴覚を使うのが得意な人、言語を使うのが得意な人がいて、そこからもう少し細かく6タイプくらいに分類することが多いようで...

解剖学は役に立つ、されど、、の詳細へ

解剖学は役に立つ、されど、、

2018年12月18日

こんにちは!ハリ弟子です。   解剖学、機能解剖学、運動学、ボディ・マッピングなど鍼灸学校とアレクサンダー・テクニークの教師養成課程でハリ弟子はいっぱい学んできました。   解剖学、機能解剖学、運動学はそれぞれ少しずつ重なる部分があって、骨格構造、関節の可動域、筋肉の起始...

アクティビティ・ワーク VS ムーブメント・ワークの詳細へ

アクティビティ・ワーク VS ムーブメント・ワーク

2018年12月14日

こんにちは!ハリ弟子です。   初めにお知らせです。   これから『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料のメルマガを始めます。   これまで診てきた音楽家の故障症例や治療内容、レッスンの話など、こみいったところは公開のブログではやはり書きづらいものが...

  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter