東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

オフィシャルブログ " 管楽器奏者のアンブシュア不調 "

鍼とアンブシュア・モーションを組み合わせて金管奏者の不調脱却をはかるの詳細へ

鍼とアンブシュア・モーションを組み合わせて金管奏者の不調脱却をはかる

2020年9月2日

金管楽器のアンブシュア不調(ゆれ、ふるえ、息漏れなど)に付随して比較的多く見られることに、マウスピースと顔の相対的位置関係が変化しないことがあります。   高音域、中音域、低音域どこを吹いても楽器と顔が一定の角度、位置関係を保ったまま動かないように見えるのです(これと裏腹に口元や頬には...

アンブシュア不調から回復したクラリネット奏者の話の詳細へ

アンブシュア不調から回復したクラリネット奏者の話

2020年8月11日

数年前にアンブシュア不調でご相談いただいたクラリネット奏者の方とひさしぶりにお会いしました。   当時は吹こうとすると顎に意図せざる力が入り、リードをかみ過ぎて音が鳴らなくなるような症状でした。   幸い、今はそういうことはなくなっています。   どういった...

座奏時の股関節とアンブシュアの意外な関係の詳細へ

座奏時の股関節とアンブシュアの意外な関係

2020年5月30日

今日はこちらの症例について少し解説を。   特に「施術と経過」6回目のところに書いた「骨盤と大腿骨の関係性」について。       このとき気づいたのは要するに股関節の動きでした。   たとえば上をあおぎ見るように上半身を反らすと股関節は伸...

あの2日後ぐらいから馴染んできて、揺れが減りました…!の詳細へ

あの2日後ぐらいから馴染んできて、揺れが減りました…!

2020年3月15日

  以前アンブシュアの不調でいらしたトロンボーン奏者の方から素敵なメールをいただきました。   ~~~~~(ここから)~~~~~ こんばんは! 〇月〇日に針打っていただきました、トロンボーンのものです。 じっくり丁寧...

アンブシュア・ディストニアの金管奏者とのレッスンの詳細へ

アンブシュア・ディストニアの金管奏者とのレッスン

2019年10月18日

  数年前からアンブシュア・ディストニアに悩まされ、bodytuneで鍼灸とアレクサンダー・テクニークの並行セッションを受けている金管奏者の方。   特に低音域で症状が強く表れます。   「マウスピースを逆に...

手のツボとアンブシュアの不調の詳細へ

手のツボとアンブシュアの不調

2019年10月8日

  続くときは続くもので、昨日、今日とアンブシュアにお悩みの方がいらっしゃいました。   昨日はトロンボーンの方。   お悩みの内容は長い音をのばすときのアンブシュアまわりの震えでした。   タ...

Tuba奏者のアンブシュア不調の詳細へ

Tuba奏者のアンブシュア不調

2019年6月6日

    1年ほど前から唇まわりに違和感を持ち始めたTuba奏者の方。   特に吹きづらさを感じるのはチューニングB♭から上の第6倍音あたりまで、Tubaにとってはちょっと高い音域ですがすごく高いわけでもありません...

  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年9月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter