東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛

オフィシャルブログ " 東洋医学 "

理論化の果ての運気論医学の詳細へ

理論化の果ての運気論医学

2019年7月6日

  同じ対象を探求する上でそれが科学たりうるかどうかの条件は、誰でもが自由で公平にそれについて考えることができ、安全に議論できることだと思います。   そこでは〇〇流とか、△△メソッドとか、××テクニークの創始者、発見者と...

経絡にふれない異例の古医書『医心方』の詳細へ

経絡にふれない異例の古医書『医心方』

2019年7月5日

  『医心方』(いしんほう)とは日本に現存する最古の医書です。   時は平安時代、宮廷に仕える医者、丹波康頼(たんば やすより)によって書かれ、984年に朝廷に献上されました。   丹波康頼 日本...

3つの合谷の詳細へ

3つの合谷

2019年4月21日

    合谷(ごうこく)というツボは超有名です。   手の親指と人差し指の付け根の水かきみたいなところにあります。   手が疲れたとき無意識にそのあたりをもんでいる人も多いのではないでしょうか。 ...

鍼灸師のお道具こだわりポイントの詳細へ

鍼灸師のお道具こだわりポイント

2019年2月2日

鍼灸の道具はシンプルで、管と鍼、以上です。   鍼は細長い針金みたいな本体部分とそれよりは太い持ち手の部分でできています。   これを管に入れて体に当て、管から少し飛び出た持ち手の部分を指先でトントンたたくことで鍼を入れていきます。   この管と刺入...

治療以上、演奏家復帰未満のケアの必要性の詳細へ

治療以上、演奏家復帰未満のケアの必要性

2018年12月23日

    こんにちは!ハリ弟子です。   現在の鍼灸は誰を相手にすべきかシリーズ、今日が最後です。   スポーツの分野ではケガから復帰する際、メディカル・リハとアスレチック・リハと2つのリハビリ・プロ...

難病治療と鍼灸と医の倫理の詳細へ

難病治療と鍼灸と医の倫理

2018年12月22日

こんにちは!ハリ弟子です。   一昨日、昨日と現在の鍼灸は誰を相手にすべきかを考えています。   総体コストで比較優位が見込めそうな分野、養生ときて、今日は難病です。   昭和の鍼灸師の本を読んでいると「おれたちは医者が治せない患者さんを相手にしている」とい...

鍼灸は養生向き、は本当か?の詳細へ

鍼灸は養生向き、は本当か?

2018年12月21日

こんにちは!ハリ弟子です。   現在の鍼灸が誰を相手にすべきか問題、昨日は保険医療の中で環境負荷まで含めた総体コストが鍼灸の方が安い分野を考えました。   研究によって効果が実証される必要がありますが、長い目で見れば可能性なくもないと思います。   今日は別...

昭和の鍼灸師と同じ患者さんはもう来ないの詳細へ

昭和の鍼灸師と同じ患者さんはもう来ない

2018年12月19日

こんにちは!ハリ弟子です。   仕事柄、昭和に活躍した鍼灸師の本をよく読みます。   使ったツボや治療の考え方など勉強になるからです。   と同時にそこで扱われている病気の種類にとまどうことも少なくありません。   たとえば、結核。 &nbs...

理論の鵜呑みにご用心の詳細へ

理論の鵜呑みにご用心

2018年11月27日

    こんにちは!ハリ弟子です。   「科学的根拠がある」と言われると正しいと思いがちですが、実はそうでもなかったりします。   たとえば力学とか物理学といって普通思い浮かべるニュートン力学は「巨...

理論は学んでも、観察は虚心でありたいの詳細へ

理論は学んでも、観察は虚心でありたい

2018年11月18日

こんにちは!ハリ弟子です。   鍼灸の古典理論は臓腑学説と経絡学説に基づいています。   臓腑(ぞうふ)は内臓、経絡(けいらく)は体中をめぐるネットワークのようなもので、内臓とつながっていて、一部が体の表面を通ります。   ツボは経絡上に並べられていて、臓腑...

眼精疲労、顎関節症のツボとタンギングの関係(研究ノート)の詳細へ

眼精疲労、顎関節症のツボとタンギングの関係(研究ノート)

2018年11月17日

こんにちは!ハリ弟子です。   米国のアレクサンダー・テクニーク教師キャシー・マデンが来日した時のこと。   ある管楽器奏者がタンギングをみてもらっていました。   この時、キャシーが提案したことは楽譜を見る際の目についてでした。   これはハ...

患者さんを理解することのメリットの詳細へ

患者さんを理解することのメリット

2018年10月26日

こんにちは!ハリ弟子です。   引き続き鍼灸のネタです。   昨日は注文の取り方と書きましたが「注文」というとメニュー表の中からすでにあるメニューを選んでもらうイメージなのでちょっと言葉を変えます。   治療院にはそんなメニュー表はないので実際には何かを一緒...

注文の取り方を失敗した治療の詳細へ

注文の取り方を失敗した治療

2018年10月25日

こんにちは!ハリ弟子です。   昨日、鍼灸は「毎回別の患者さんに施術するので、管理されたラボでの実験と違い、初期条件が全部違うところで再現性を追求する科学です」というようなことを書きました。   これについてもう少し考えてみます。   鍼灸学校では病気の治し...

鍼灸の講習会で質問したら怒られたの詳細へ

鍼灸の講習会で質問したら怒られた

2018年10月24日

こんにちは!ハリ弟子です。   ハリ弟子が卒業した鍼灸学校で先生から言われたことでよく覚えていることがあります。   「古典や本で読んだことを鵜呑みにせず、自分でやってみてどうだったか、その体験を一番信頼してください。」   鍼灸は医療技術です。 &nbs...

咳をしずめるツボの詳細へ

咳をしずめるツボ

2018年9月24日

こんにちは!ハリ弟子です。   1週間ほど前にひいた風邪、もうほとんど治ってますが昨日あたりから咳の症状がひどくなってきました。   痰が大量に出るタイプではなくどっちかというと空咳です。   痰はいるにはいるのですが、量が少なくてまとめるのに時間かかってる...

風邪のその後の詳細へ

風邪のその後

2018年9月22日

こんにちは!ハリ弟子です。   先日ひいた風邪、熱が下がってほぼ元どおりになってきましたが、治りしなに左の片頭痛が出てきました。   まだ本物の本調子ではないのでしょう。   これも鍼でなんとかならないかやってみました。   自分がどこを固...

風邪をひいて鍼をしてみましたの詳細へ

風邪をひいて鍼をしてみました

2018年9月20日

こんにちは!ハリ弟子です。   昨日は風邪で倒れており、ブログを1日さぼってしまいました。   あまり熱は上がらず、体が重く感じてふしぶしが痛くなるような風邪でした。   鍼灸学校で学ぶ古典医学にちょうどこういう症状に効くツボの考え方があります。 &nbs...

クラリネット奏者のアンブシュア疲労に鍼灸で対応の詳細へ

クラリネット奏者のアンブシュア疲労に鍼灸で対応

2018年9月9日

    こんにちは!ハリ弟子です。   先日、スイスでご活躍されているクラリネット奏者の大谷 淳子さんがいらっしゃいました。   ご本人の承諾を得てbodytuneでの施術についてブログに書かせてい...

むくみを取り去るツボ(2)の詳細へ

むくみを取り去るツボ(2)

2018年9月8日

こんにちは!ハリ弟子です。   昨日の続きです。   足の三陰交(さんいんこう)、地機(ちき)、陰陵泉(いんりょうせん)というツボでなぜむくみが取れるのか考えてみました。   これらはすべて足の内側ですねの骨と筋肉の境い目辺りで同じライン上にあります。 ...

むくみを取り去るツボ(1)の詳細へ

むくみを取り去るツボ(1)

2018年9月7日

こんにちは!ハリ弟子です。   今日ご紹介するのはうちのかみさんにした鍼の症例です。   このところのお天気と立ちっぱなしの仕事のせいか、足とお腹がむくみ気味。   そこで足の三陰交(さんいんこう)、地機(ちき)、陰陵泉(いんりょうせん)というツボとお腹...

鍼をすると心拍が落ち着きますの詳細へ

鍼をすると心拍が落ち着きます

2018年8月22日

こんにちは!ハリ弟子です。   鍼灸では体の状態を診るのによく脈をとります。   たいてい手首の親指側のところに指を触れて、強さ、速さ、強弱の幅、アタックの強さなどいろいろなことを感じ取ります。   今日は、選んだのがたまたま手首の経渠(けいきょ)という...

  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter