東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

コントラバスのウルフ・キラー

" コントラバス "

2018年3月22日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

最近、ハリ弟子のまわりのベース弾きの間で、変わったウルフ・キラーが導入されています。

これは本物のオオカミ、というお約束

>>THE WOLF TERMINATOR

 

どのようなものはリンク先をご覧いただくとして、普通、ウルフ・キラーは弦に直接付けます。

普通のウルフ・キラー

 

ところが、これは楽器の胴体に直接貼り付けています。

 

しかも、ウルフの音程に合わせて、ウルフ・キラーをチューニングするようです。

 

奇天烈な形ですが、知り合いが付けてみて劇的に効果があったようで、それを聞いて別の人が入手してやはり良かったと、、

 

楽器の胴体にくっつける方法がちょっと気になりますが、着脱可能な接着剤を使うので、取り外してもあとが残らないそうです。

 

ハリ弟子の楽器もA付近に強烈なウルフがあり、A線開放がそのままだと弓をはじき返されるくらい鳴りません。

 

そこから下のG付近まで同じように鳴りにくくて、難儀します。

 

そういうわけで大変気になっているのですが、何しろお値段です。

 

124.5ドル+送料ということで、諭吉&樋口一葉くらいかかりそうです。

迷っています、う~ん。

 

でも、けっこういいみたいです。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: コントラバス. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter