東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

楽器練習に動画活用のすすめ

" コントラバス "

2018年12月5日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

楽器の練習を動画に撮って見てる人ってどのくらいいるのでしょう?

 

ハリ弟子は最近になって始めましたがけっこういいです!

 

前は録音をとっていたこともあるのですが、コントラバスみたいな低音楽器はよほどいい機材でないとしょぼい音しかとれず、なんだかなという感じでやめてしまいました。

 

まあ、機械のせいというより演奏してる人間の問題という説もありますが、、

 

その点、動画は演奏中の動きの癖を客観的に見られるのがいいです。

 

スマホだとすぐ見れるので、次はここを修正して弾いてみようとなり、それを撮ったのをすぐまた見てどう変わったのか確認できます。

 

やみくもに繰り返すより練習の効率が上がりそうです。

 

シマンドルの30エチュードより13番の前半部分を3回撮ってみました。

 

1回目は、音程が気になって左手を見た時に体が楽器から離れるのが見てとれました。

 

眼鏡の影響で近くが見えづらいのです。

 

焦点を合わせるのに体ごと遠ざける必要があったのですが、それがボウイングによくない気がしました。

 

左手を見ないで弾いたらボウイングがやりやすくなるかどうか、これをテーマに2回目を弾きます。

 

ただ、見ない代わりに何をするか明確な方がいいので、とりあえず「音をもっと聞こう」にします。

 

左手を見ないプランそのものは遂行できました。

 

ここで大切なのはプラン以外の観点でこの演奏の成否を決めないこと。

 

左手見ないことでボウイングがどうなるか情報を得たので良しとするのです。

 

音程が狂ったのでさっきのよりだめな演奏としてしまうと、肝心の左手見る or 見ない問題がどこかに行ってしまいます。

 

で、ボウイングがどうだったかですが、34秒あたりの下降音型はよりスムーズになりましたね。

 

でも、他のところで伸ばしの音の終わり際の体勢がつらそうなのに気がつきました。

 

腕の動きでのばせるぎりぎりまで粘ったらどうなるか、これが3回目のテーマです。

 

50秒あたりからの長めのダウンの音をできるだけ腕で粘ってみたら、思ったより行けることが分かりました。

 

あそこまで腕の動きで音をのばせるんですね。

 

ここまでで動きの新しいプランが2つ出ました。

 

「左手を見ない代わりに音をもっと聞こう」と「行けるぎりぎりまで腕の動きでボウイングしよう」です。

 

2つあればもう十分でしょう。

 

この日の練習はこの2つに気をつけながら、他の曲をブラッシュアップしました。

 

さて、毎度おなじみの宣伝です。

 

来年からアレクサンダー・テクニークのグループ・レッスン始めます。

 

第1回目は2019年1月6日(日)15時~17時までの2時間で、定員は6名まで(現在残り5名様)。

 

参加費は4,000円です。

 

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

 

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

 

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: コントラバス. タグ: , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter