東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

チェロの教本読んでおどろいたこと

" コントラバス "

2020年6月6日

コントラバス奏者の澤井さんから「おもしろいのでぜひ!」といただいてしまいました。

 

ヴィクター・セイザー『新しいチェロ奏法』(音楽之友社)

 

副題(身体に優しいチェロ演奏のために)のとおり怪我を予防して無理なくテクニックを学べるよう、アイデアが満載です。

 

また「新しい」と言っているように斬新なことがさらりと書かれていて油断すると驚きます。

 

たとえば「弦を押さえる代わりに、弦の横に指を置き軽く持ち上げたり横に引いたりするように」とされていて上駒の高さが4.5mmとあります。

 

指板に頼らない押弦なんでしょう

 

弦楽器の音程を変えるには必ずしも指板につける必要はなくて、二胡がその代表です。

 

 

でもこれをチェロでやるのは相当に少数派ではないでしょうか。

 

澤井さんも、ハイポジションの奏法としては聞いたことあるけど、、ということでした。

 

なかなかすごいことを書くと思います。

 

コントラバスだと相当きつそうな気がしますがチェロだとそうでもないのかしら。

 

それでも著者によると横に引く方が良い確固とした理由があるようで、試してみたくなりました。

 

この本全体としては基本的な座り方、腕の動きと胴体、脚の関係性など、チェロ演奏に必要な体の使い方をよく考えて練った形で提案しています。

 

押弦についても本当は親指の力の入り具合、押弦してる指とそれ以外の指の力関係、手首、腕との関係も含めての話です。

 

普通の押弦であっても十分に役に立つでしょう。

 

コントラバスの奏法にも使えそうなアイデアがたくさんありました。

 

澤井さんもこの本をヒントにいろいろ研究されているようなので、今度お会いする時が楽しみです。

 

僕は僕で横に引く押弦が実用的なのかどうか、実験してみようと思います。

 

そういえば3年前にも割りばしで実験してましたっけ。

 

>>押弦について

 

今度は上駒に割りばし挟むことになりそうです。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: コントラバス. タグ: , , , , .
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年10月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter