東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

チェロの教本をコントラバスで試してみた

" コントラバス "

2020年6月30日

ヴィクター・セイザーのチェロの教本にはまっている話を前に書きました。

 

≫ チェロの教本読んでおどろいたこと

 

上駒の高さが4.5mmと相当に高く、弦は指板に押して止めるのではなく「横に指を置き軽く持ち上げたり横に引いたりするように」すると良いという衝撃の提言がありました。

 

同じことをコントラバスでやってみたのがこちらです。

割りばしをはさんでかさ上げしました。

 

横から見るとこのくらい高くなります。

ハーフポジションで思い切り押さえても弦が指板に届きません。

スケールをいろんな調で弾いてみました。

 

きついのがG線ハーフポジションでのA♭。細い弦の上駒寄りの方が食い込みが痛いです。

 

ネックの付け根に近い方は意外と楽で、指が弦の上を綱渡りする感じが新鮮。

 

全音域で指板につけず張力で音を取るのでフラジオ辺りから上の音で横に引っ張って音をとる方法もなんとなくこうかな?という感じがつかめてきました。

 

これはこれで楽かも。

 

ただ全体としてはやはりハーフポジションがきつさがネックです。

 

特にE線のFとかA線のB♭で長い伸ばしがあったらちょっと左手死んじゃうかも。

 

実用化は難しいと感じました。

 

やってみて思ったのは指板の役割。

 

硬い板に弦を当てることで少ない力でも音をとれることが指板のメリットに感じました。

 

張力だけだと特にハーフポジションでけっこうな力が必要でしたから。

 

指板との付き合い方はついてもいいしつかなくてもいい、例えて言うなら地面に近い高さに張ったスラックラインを渡っててたまたまビヨ~ンと地面に着いちゃった、くらいが良さそうです。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: コントラバス. タグ: , , .
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年10月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter