東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

月別アーカイブ: 11月 2020

最近の施術(打楽器奏者の首から腕にかけての突っ張り感)の詳細へ

最近の施術(打楽器奏者の首から腕にかけての突っ張り感)

2020年11月27日

整動鍼

2か月ぶりご来院の打楽器奏者の方。   もともと左手にフォーカル・ディストニアがあり、ロールが続くと手首が固くなりマレットを握り込んでしまう症状で前回はいらしたのでした。   今回は手首や握り込みの症状は改善していて、首の左側から腕にかけての突っ張り感のご相談。 &nb...

最近の施術(クラリネット奏者の腕の痛み)の詳細へ

最近の施術(クラリネット奏者の腕の痛み)

2020年11月26日

整動鍼

愛好家のクラリネット奏者の方。   右の肩から手首にかけて重だるい痛みがあり、楽器の演奏にも支障が出始めていました。   クラリネットは右手の親指に楽器の重さがかかるのでこうなるとつらいと思います。   加えて左手の親指付根にも痛みがありました。 &nbs...

最近の施術(ミュージカル歌手の喉の調整)の詳細へ

最近の施術(ミュージカル歌手の喉の調整)

2020年11月25日

整動鍼

ここしばらくブログがご無沙汰でした。   とある本の翻訳に取り組んでいたためです。 施術の合間を使っての作業でなかなか進みませんがようやく残り一章分まで来ています。   さて症例サイト(ツボネット)にもなかなか上げられない日々が続いているので簡単ながらここ最近、整動...

音楽家のディップ型感音難聴の詳細へ

音楽家のディップ型感音難聴

2020年11月12日

耳鳴り・難聴

ある特定の高さの音域だけが聞こえにくくなるタイプの難聴があります。   ディップ型感音難聴といって、多くは4,000ヘルツ周辺の聴力が落ちますがそれ以外の周波数帯でも起こります。   先日、20年以上プロとしてのキャリアがある音楽家の方がいらして、このようなタイプの聴力低...

たかが片耳、されど難聴の詳細へ

たかが片耳、されど難聴

2020年11月9日

耳鳴り・難聴

当院には突発性難聴で鍼灸を受ける方も多くいらっしゃいます。   突発性難聴の多くは片耳に起こります。   片耳の難聴という意味では(何度かこのブログでも書いていますが)僕自身右耳の難聴です。   10歳くらいからちょくちょく中耳炎にかかるようになり、13歳で...

彼女が守りたかったものの詳細へ

彼女が守りたかったもの

2020年11月5日

雑記

かみさんのヨガの仲間で僕ともお互いに知っているガン患者の方がいました。   どういういきさつからか、ある時点から病院でのガン治療を断りヨガや鍼灸などで治そうとしていて、もともと鍼灸はガンを得意とする治療院にずっと通っていました。   ところが病状が進んで出かけるのが難しく...

金管楽器のアンブシュア、タンギング不調の調整方法(3)の詳細へ

金管楽器のアンブシュア、タンギング不調の調整方法(3)

2020年11月3日

管楽器奏者のアンブシュア不調

管楽器で音を鳴らすために絶対に必要なもの、それは息です。   アンブシュアをどれだけ固く閉じても、舌をどれだけ強く突いても、そこに息の流れがなかったら音は鳴りません。   アンブシュアや舌でやるべき仕事は息の量、強さ、速さ(どのように表現するのであれ)とのバランスで決まり...

  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年11月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter