東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

鍼とアレクサンダー・テクニーク

" 旧bodytuneブログの記事 "

2015年11月9日

(こちらの記事は、2016年11月まで運用していた旧bodytuneサイトのブログ記事を転載したものです)

 

たいへんご無沙汰しております。はりつかいのでしのYOSUKEです。前の投稿から1年もあけてしまいました。鍼灸学校の方が実習、そのレポートなんかで忙しくなってきたところにアレクサンダー・テクニークも資格取得を早めるために受講クラスを倍増したら、あまりにも忙しくなってしまいました。何か書くためには入れた知識を少し寝かせる必要があるのですが(僕の場合)、ずっとインプットばかり続いて書こうにも書けなかったというのが正直なところ。

 

鍼灸学校の方はようやくひと段落して卒業の目処が立ち時間的余裕も出てきたので、そろそろ何か書こうと思ってたところ、再開のためのリハビリにいい感じの話題が飛び込んできました。

 

今回は、慢性の首の痛みに対する鍼とアレクサンダー・テクニークの効能に着目した研究をご紹介します。

 

この研究はイギリス、ヨーク大学のHugh MacPherson氏率いるチームによって行なわれました。

 

研究に参加したのは517人の患者さんたち。首の痛みが3ヶ月以上続いていて、痛みの程度がNorthwick Park Questionnaire法(NPQ)でスコア28%以上、かつ他に深刻な原疾患がないことを条件に集められました。

 

この方たちが①鍼+通常医療、②AT+通常医療、③通常医療のみの3グループに割り振られて、治療開始から3ヶ月、6ヶ月、1年のタイミングで上述のNPQに回答することで効果の差を測ろうというものです。

 

治療は全て最初の4〜5ヶ月の間に行われ、鍼は1回50分が12回、アレクサンダー・テクニークは1回30分の個人レッスンが20回、通常医療は薬と理学療法的ケアだそうです。

 

通常医療は全員が受けるので、それに加えて鍼やアレクサンダー・テクニークを組み合わせた時に果たして違いがあるのか?また治療終了後も追跡して効果を測っていることから、効果の持続性も明らかにする研究と言えましょう。

 

ここでちょっとNPQについて解説をはさみます。痛みというのは主観的なものなのでそもそも測れません。でもそこをなんとかということでいろんなやり方が考案されていて、一番よく使われているのは10㎝の横線引いて患者さんにポイントしてもらうVASです。他に顔の絵を選んでつらさを表してもらうFRSとか、まあいろいろあります。NPQは僕も今回初めて知りましたが首の痛みに特化した評価法だそうです。痛みで眠れない、重いものが持てない、痛みの持続時間など9つの質問があり、各質問につき回答の選択肢が5つ用意されていて、回答者は選択肢からどれか1つを選ぶ要領で答えていきます。5つの選択肢は0から4のポイントに対応しており、ポイントを全て合計して36で割ると%が出ます。そうすると0から100までのレンジでスコアが出ますので、これがそのままNPQのスコアということになります。数字が大きい方がより症状が重いことになります。NPQの選択肢は具体性があるので(例えば、痛みなく重いものを持ち上げられる、痛みのために何も持ち上げることができない、など)ある程度他者との比較が可能であるところが特色と言えるかと思います。この点、VASやFRSは同一個人の痛みが時間を経てどう変わったかは分かるのですが、他の人の痛みと横並びで比較すること基本的に無理です。

 

で、結果です。1年後のスコアは①が32%減、②が31%減、③が25%減でした。3ヶ月後と6ヶ月後のスコアも同様で①、②の効果が③を上回ったそうです。つまり、鍼にしろアレクサンダー・テクニークにしろ、通常のケアだけで対応するよりも組み合わせることでより効果を上げることができるよ、というのが結論です。さらに注目したいことは、これらの治療をしたのは最初の4〜5ヶ月だけにも関わらず、1年後のスコアにその効果が反映していることです。517人の首の痛み歴は平均で6年だそうなので、これはまずまずの成果ではないでしょうか。

 

1点だけ補足するとしたら、通常のケアに含まれる理学療法的ケアですが、理学療法で用いる手法にもいろんなものがあるので、どんな手法を使ったかによって③のグループの結果ももう少し違っていたかもしれず、この結果をもって理学療法より鍼やアレクサンダー・テクニークの方が効くということにはならないことです。もとより組み合わせて使っているのでそんな読み方をする人はいないと思いますが…

 

元記事はこちら。ただし、こちらのサイトは講読料を払わないと全文が読めません(無料で読めるのは要約のみ)。この投稿は他のニュースサイトなども適宜参照してまとめています。

 

http://annals.org/article.aspx?articleid=2467961

 

その他こちらの関連記事も参考にしました。

 

http://www.medscape.com/viewarticle/853883

 

http://www.npr.org/sections/health-shots/2015/11/04/454628373/acupuncture-and-alexander-technique-help-chronic-neck-pain

 

http://www.reuters.com/article/2015/11/02/us-health-neckpain-idUSKCN0SR2FH20151102#SiV07PDIgASChsju.97

 

http://time.com/4097083/acupuncture-neck-pain/

 

https://www.york.ac.uk/healthsciences/research/trials/trials/atlas/

 

http://www.news-medical.net/news/20151103/Alexander-Technique-or-acupuncture-can-relieve-chronic-neck-pain.aspx

 

http://www.ctvnews.ca/health/acupuncture-and-alexander-technique-may-improve-neck-pain-1.2643769

 

http://medicalxpress.com/news/2015-11-trial-reveals-evidence-long-term-benefits.html

 

http://www.jwatch.org/fw110806/2015/11/03/acupuncture-and-alexander-technique-help-alleviate

 

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2015-11/acop-aaa102715.php

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 旧bodytuneブログの記事. タグ: .
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter