東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

その解剖学にご用心

" 旧bodytuneブログの記事 "

2013年12月30日

(こちらの記事は、2016年11月まで運用していた旧bodytuneサイトのブログ記事を転載したものです)

 

先日、鍼の授業で背中のツボをとってもらった時に、僕の体は第七頚椎よりも第一胸椎の方が出っ張っていることが分かりました。解剖学的にはこの辺りは第七頚椎が一番後ろに突き出すのが普通とされ、骨格図や骨格模型はそう見えるように作られています。しかし、臨床では第一胸椎が一番後ろに突き出すケースはわりによくあり、胸椎の後弯が少ないフラットバック気味の人に多いそうです(頚椎について詳しくはこちらhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%B8%E6%A4%8E)。

 

僕自身、自分の体でも一番突き出したのが第七頚椎だと思っていたので、第一胸椎を第七頚椎だと信じていました。本物の第七頚椎を探して首の後ろを探ってみたら、奥の方に引っ込んでおり、どうも解剖学の知識どおりの体になろうと自分の体の現実に合わないことを強いていたようです。そういえば、アレクサンダー・テクニーク(AT)を学び始めて8ヶ月、首や肩のこりは以前に比べれば全然いいのですが、時々、ATをどれだけ意識してもこりが抜けない時がありました。大事な椎体を一個すっ飛ばして動かそうとしていたのだから当然ですね。

 

早速、バジル先生に見ていただき、首のロールアップ、ロールダウンをしながら動きの中で頚椎のマッピングをし直すことを教わりました。

 

おそらく僕は元々フラットバック気味な姿勢をする癖があって、それがゆえに第一胸椎がより突出していたと思われますが、解剖学の知識でそこを第七頚椎と確信してしまったので、体についての誤った認識を疑うことができませんでした。解剖学の勉強はするにこしたことはないのですが、現実の体が解剖学的な標準に必ずしも合致しないこともあるのですね。いい勉強になりました。

 

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 旧bodytuneブログの記事. タグ: .
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter