東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

サックス奏者の指の不調、原因は?

" 指の不調 "

2019年11月14日

 

数年前から左の運指に違和感があり不調を抱えられたサックス奏者の方。

 

・指が浮いてくる

・指の上りが遅い

・力が入りにくい

・ふるえる

・特に速いパッセージで指が思うようについてこない

 

違和感を具体的に表すとこんなようなことでした。

 

これすべてが常にあるわけではなく症状には波がありますが、もっとも悪化した時は右手にも同様のものが表れ、また楽器以外のものを持っても同じ感覚がありました。

 

また、見た目や演奏で分からなくてもご本人としては、まずい状態にはまり込んだらそれと分かる感覚があります。

 

施術前後の動画を公開する許可をいただきましたので、今回はそれをアップします。

 

 

実際に吹いていただくと問題が発生しているのは主に指ですが、その原因は手首の可動性にあるように見えました。

 

なので使ったのは手首の可動性を良くする整動鍼のツボです。

 

ターゲットは手首なんですが、ツボは手首にはありません。

 

手首を引っ張って固定するようにはたらいている筋肉のこりです。

 

もっと体軸に近い腕や肩、そして背中に鍼をします。

 

ここまでで再度吹いていただいたのが0:14以降。

 

感覚的にはだいぶ良くなりました。

 

ここからさらにアレクサンダー・テクニーク的アドバイスを加えて、左手で楽器を持つ新しいプランを提案。

 

鎖骨、肩甲骨も含めた腕の構造まるごと全部使って楽器にアプローチしてもらいます。

 

こうすると腕の長さが余るので後ろに引きたくなりますが、ここで肩甲骨を後ろに引くのではなく肘を曲げる深さで調節します。

 

キーと指の位置関係が相当変わるので楽器の角度やストラップの調整が必要かも知れません。

 

微調整してキーと指のおさまりを確認してから吹いてみたのが0:34以降です。

 

多少慣れは必要なんですが、楽器をしっかりつかんでいる感じが増したのと、高音の響きが変わったとの感想をいただきました。

 

今回の流れをまとめると、症状があるのは指 → 手首の可動性が直接の原因と推論 → 手首が動けるような上肢帯(鎖骨、肩甲骨)の可動性 → 上肢帯が動けるような脊椎の可動性、の順序で考えました。

 

生物の世界では1つの形態が複数の機能を兼ねることがよくあります。

 

ある1つの形態を獲得することで複数の問題が同時に解決され、進化の次の段階に進むわけです。

 

そういう意味で、指の問題にアプローチした結果、高音の響きという別の感想が出てきたのは興味深いことでした。

 

体っておもしろいですね!

 

お知らせ

最近取り入れ始めた整動鍼、導入して日が浅いためまだあらゆる症状に対応できるというわけにいきません。

そのため僕の経験という意味でモニター施術を受けてくださる方を募集しています。

対象となる症状や料金など詳細をメール・シリーズにてご案内しています。

ご協力いただける方は下記のフォームからご登録くださいませ。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 指の不調. タグ: , , , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter