東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

アレルギー性鼻炎の鍼灸治療研究

" 花粉症・アレルギー性鼻炎 "

2018年1月17日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

そろそろヤツの到来を感じていらっしゃる方もいるのではないでしょうか、、

 

 

そう、花粉症です。

 

花粉症は、音楽家にとっても悩ましい問題だと思います。

 

薬でおさえてしまえば即効的に症状はなくなりますが、長年にわたって飲み続けることに不安なしとしませんし、かと言って飲まないと練習にも本番にも差し障りがあります。

 

特に管楽器の演奏家はマスクもできないし、吹きながらずるずるしてしまっては音楽に集中もできません。

 

 

病院の治療でも、スギなどについては舌下免疫療法の保険適用があり、根治できる可能性がひろがってきています。

 

鍼灸でも、花粉症に専門的に取り組むところがあり、実績が蓄積されつつあります。

 

今日は、花粉症を含むアレルギー性鼻炎に対し鍼灸で治療した研究をご紹介します。

 

通年性アレルギー性鼻炎に対する鍼治療の影響

 

明治国際医療大学と森ノ宮医療大学による研究です。

 

研究では、あえて花粉症ではなく通年性アレルギー性鼻炎の患者さんを対象にしています。

 

これは、花粉症だとシーズンが終わると症状が自然におさまるので、治療の効果があったかどうかが分からなくなるためだとしています。

 

しかし、患者さんのアレルギーには、スギ、ヒノキ、ブタクサといった花粉によるものが多く含まれているので、花粉症に対する効果もほぼ同程度と見なしてかまわないかと思います。

 

研究の方法は、治療前に4週間まったく治療を施さない期間を設けて、次いで鍼治療(週に2回)を行う4週間、最後にまた治療を施さない4週間を設けて、それぞれについて症状の重さを比較しています。

 

また、使うツボは全員同じ(上星、迎香、合谷、足三里、風池、肺兪、腎兪)です。

 

この結果分かったことは、鍼治療によって鼻の中の粘膜の状態が改善し、鼻水のような症状が軽くなり、かつその効果が継続したということです(少なくとも治療後4週間)。

 

一方で血液検査によると、抗体などアレルギーに関係する物質の血液組成に影響がないので、アレルギー体質そのものが改善したというより、症状が起こらなくなったと考えた方が良さそうです。

 

これをハリ弟子なりに解釈すると、アレルギーによってくしゃみや鼻水といった症状を引き起こす物質は生じるけれども、鍼治療によってそれを鼻という局所に留め置かずに流し去るので、症状が起こらなくなったと考えられます。

 

鍼はそんなに深く差さなくても(せいぜい1、2ミリ程度)、筋肉や筋膜のテンションが変化します。

 

筋肉や筋膜は全身性につながっているので、これによって全身の血流や体液の流れが変化します。

 

運動をするとアレルギー性鼻炎の症状が一時的におさまることは経験的に知られていますが、運動も体を動かすことで血流を速くし、アレルギーの原因物質を拡散、薄めていると考えれば分かりやすいでしょう。

 

また、鍼によって変化した体の感覚は、脳にフィードバックされて、自律神経系が後追いで反応することにより、望ましい体の状態に合わせた血流や筋テンションへと、自己調節すると考えられます。

 

 

自然治癒力を引き出すと言っていることの中身はおそらくこういうことではないかと思います。

 

そして、そのために特に効果的なポイントをツボとして、鍼灸では利用するわけです。

 

この研究では全員に同じツボを使っていますが、本来であれば、患者さん1人1人の体に合わせて違うツボを使った方が良かったのではないかと思います。

 

研究なので仕方ないですが、そうしていたら、個別にはもっと効果が上げられたのではないかと推察します。

 

ところで、品川に花粉症を専門とする鍼灸院があり、ハリ弟子のかみさんが数年前にお世話になったことがあります。

 

そこの治療もこの研究と同じように週2回の頻度で、ただし、シールに付いた無痛の置き鍼を使うことで、鍼の刺激が24時間続くよう工夫がこらされていました。

 

全部で10回から15回くらい通ったので1月半から2か月かかりましたが、それ以来、年をまたいでも花粉症にならずに済んでいるという驚きの結果でした。

 

この事実を目の当たりにしているので、bodytuneでも花粉症治療には力を入れて取り組んでいます。

 

しかし、週に2回の頻度と治るまでの回数など日程的にも経済的にも、どなたにもお勧めできるものではありません。

 

そこで、週2回の頻度を守っていただけそうな方に関しては、モニター募集の形で、通常料金よりもかなり割安とすることを考えております。

 

ご関心ありましたら、お電話または問い合わせメールにてお気軽にご相談ください。

 

詳細をご説明いたします。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 花粉症・アレルギー性鼻炎. タグ: , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter