東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

花粉症の鍼灸治療トライアル始めました

" 花粉症・アレルギー性鼻炎 "

2018年2月7日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

以前、ブログで呼びかけた花粉症の鍼灸治療について、1人のお客さまからやってみたいとのお声をいただいて、トライアルで開始していました。

 

アレルギー性鼻炎の鍼灸治療研究

 

システムとしては、5回を1サイクルとして週2回のペースで通っていただく仕組みです。

 

5回ごとに花粉症の症状を評価して、もう1サイクルやるかどうか判断します。

 

行う治療は、基本的に首こり、肩こりに対するもので、いわゆる花粉症の特効穴的なものはあまり使いません。

 

また、この治療をしている間は症状を抑える薬はできる限りやめていただくようお願いしています(効果の判断ができないため)。

 

今回、ご協力いただいた患者さんは、ものごころついた頃からの花粉症(スギ)で、花粉症歴を正確には覚えていられないほど。

 

かなり重めの症状だったのが、ここ数年で漢方なども始めたおかげか、昨年初めて抗ヒスタミン、抗アレルギー系の薬なしでシーズンを乗り切れたとのことでした。

 

ただ、乗り切ったとは言え、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、頭重感は相変わらずあり、今シーズンは1月上旬からすでに症状が出ており、かなり敏感な方です。

 

薬に戻りたくはないので、もし鍼が効くならとお申し出いただきました。

 

薬から解放されたいとの強い意志をお持ちで、週2回のペースもお守りいただけ、こちらとしては大変にありがたく今回のトライアルにはぴったりの方でした。

 

先日、1サイクル5回分を終えて評価したところ、治療開始時と比べて症状はかなり軽減して、ほぼ1日中鼻が通っているとのお話。

 

正直、治療期間中に気温がぐっと下がって、新たな花粉の供給が停滞したために症状が軽くなった可能性もあります。

 

一方で、花粉を含む空気中の微粒子をきれいに地上に落とした先月末の雪があらかた解けたくらいのタイミングで、「花粉症キター!」という声も多く聞かれるので、やはりこれは鍼の効果か?とも思います。

 

今の状況では判断がつきかねるところです。

 

臨床はラボと違って条件をコントロールできないので、鍼で症状が消えたのかどうか、厳密には最後まで分かりません。

 

確かなのは、今現在、症状がほぼないということなので、今回は1サイクルでいったん終了し、今後なんらかの症状が再び出た場合はそこから再開しましょう、としました。

 

ハリ弟子の印象としては、1サイクルで治るというのはやはり出来過ぎで、今年のこの異例な気候や漢方の効果など、いろんな条件あっての今の「症状ほぼなし」であると考えます。

 

それでも、今回のトライアルで、これは行けそうだという強い手ごたえを感じました。

 

より多くの方の花粉症に適用できるよう方法を確立するために、もっと経験を積み重ねたいと思います。

 

週2回のペースで受けることが可能であれば、モニター募集の形で通常料金よりもかなり割安とさせていただきます。

 

ご関心ありましたら、お電話または問い合わせメールにてお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 花粉症・アレルギー性鼻炎. タグ: , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter