東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

雨上がりの花粉に要注意!

" 花粉症・アレルギー性鼻炎 "

2018年2月22日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

今朝の江古田はみぞれ混じりの雨、また寒さが戻りました。

 

晴れ続きで空気中に舞った花粉を落としてくれるのはいいですが、このあと日が差して道路が乾き、車や人が通ることでまた花粉が舞い上がります。

 

雨や雪を降らせる雲はだいたい2000mくらいの高さですから(雲自体の高さを加えるともっとありますが)、地上2000m分の花粉が地上数mに凝縮されて舞うことになります。

 

もっと激しく降ってくれれば、地面にとどまらず側溝から川や海に流れ去ってくれますが、冬の雨はそんなに強く降ってくれません。

 

そのようなわけで、雨上がりの晴れた日でしかも風が強かったら花粉に要注意です!

 

ハリ弟子は、花粉症の情報収集に、日本気象協会とウェザーニュースのサイトをよくチェックしています。

 

それによると、今年の関東地方の花粉飛散量は日本気象協会で前年比150%、ウェザーニュースでは50%程度と大きく割れています。

 

何が違うのでしょうね。

 

日本気象協会の予想

 

ウェザーニュースの予想

 

日本気象協会は前の年の気候から花粉の生育状況を推測していて、ウェザーニュースは独自の花粉観測機(ポールンロボ)を使ってデータを取っているように見えますが、何しろ自然が相手です。

 

どちらに転ぶにせよ、継続して見て行く必要がありそうです。

 

東京都は1週間ほど前に都内のスギ花粉飛散を観測したと発表しており、既に関東は花粉シーズンに入っているそうです。

 

今のところ寒気の方が勝っていて、まわりを見回しても、花粉より風邪やインフルエンザの方が大変そうな印象ですが、それでも少しずつ花粉を感じるという声が増えてきています。

 

これから暖かくなって、3月にはスギ、4月にはヒノキ花粉のピークが予想されています。

 

特別に敏感な方でなくても、花粉症の症状が表れやすくなってきます。

 

bodytuneの痛くないシール鍼を使った花粉症治療は、症状が出てきてからでも効果が期待できます。

 

アレルギー反応で生じる熱を症状が出るより先に流し去ることで、花粉症の症状をおさえます。

 

週に2回通っていただく必要はありますが、施術自体はシール鍼の貼り替えだけで手早く終わりますし、完全予約制のため待ち時間もありません。

 

今季はトライアルとして、1回当たり2000円と、通常治療の半額程度で受けておりますので、ご関心ありましたら、080-5899-5203までお電話、または問い合わせメールにてご連絡ください。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 花粉症・アレルギー性鼻炎. タグ: , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter