東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

鼻抜けに悩むクラリネット奏者とのメール相談

" 管楽器奏者の鼻抜け "

2019年1月24日

鼻抜けに困っているフリーランスのクラリネット奏者の方からメールでご相談いただきました。

 

ご本人から許可をいただきましたので、内容を一部抜粋して掲載します。

【相談者】

私は酷い鼻抜けに悩みながらも演奏で仕事をしている無謀なフリーランスです。

これまで、恥ずかしい思いもしながら奮闘してきました。

 

5年前から講習会へ出向いたり大きな病院に行きましたが解決せず…この度こちらの記事(註 >>扁桃腺(へんとうせん)で起きていた管楽器奏者の鼻抜けを拝見し、脂肪を入れるのがとても気になります。

治りたい治したい一心です。宜しくお願い致します。

 

【くすのき】

脂肪を注射する治療法は、私のところにアレクサンダー・テクニークのレッスンに来ているクラリネットの生徒さんがいくつもの病院を受診してようやくたどり着いた治療法でした。

 

ですが、実際にやるのはこれからなので本当にこれで解決するかはまだ分かりません(一応、生理食塩水注射によるテストは良好な結果だったので期待はしておりますが)。

(註:その後実際に手術して鼻抜けは解消済み)

 

具体的な方法はお腹から脂肪を取って、それを注射器で鼻の奥に注入します。

腹部にメスを入れるので全身麻酔による手術で4日ほど入院が必要とのことでした。

入れた脂肪は次第に体に同化してしまうので、効果の持続期間は3年程度です。

それ以上たつとまた抜けてくるため、同じ治療を繰り返す必要があると思われます。

それとこの方法が効果があるのは、アデノイドという器官が大きく出っ張っていることで軟口蓋がうまく閉じ切らない場合の鼻抜けになります。

それ以外の原因による鼻抜けにどうなのかは分かりません。

 

その上で相談者様の鼻抜けについて、より的確にご助言できることを考えたいのでいくつか質問してもよろしいでしょうか。

(このあと質問項目が続く)

 

【相談者】

おはようございます。

返信大変遅くなり申し訳ございません。

以下、引用させていただいての質問回答です。

 

Q. 病院で解決せずとのことですが、どのような検査をしましたか?また検査結果、診断名は何と言われましたか?

演奏する前に鼻からカメラを入れる。

演奏してバテた後に鼻からカメラを入れる。

そうすると、軟口蓋の開きが明確にわかりました。

鼻の下に金属のプレートを置いて息漏れの検査をしました。一般的よりは少し漏れましたが、会話にはほぼ影響は無い程度です。

診断名は特にはっきり言われておらず、軟口蓋が人より弱いね。という感じでした。

 

Q. 楽器を始めた最初のころから鼻抜けになっていましたか、それとも途中から?途中からの場合はいつごろからでしょうか?

始めた頃は全く何もなく、いつまでも吹いていられました。中学3年の吹奏楽コンクールで、曲のラストで無理をした時から鼻が開通した感覚です。

 

Q. 吹いている時、どんなタイミングで鼻抜けになりますか?

調子が悪い時は、初めからずっとです。

だいたいはしばらく吹いてからです。

ロングトーンだと、2分くらいで抜けてきます。

曲だと、さまざまです。休符のない曲はすぐに抜けます。

音域の関係性は少しだけあります。

低音と高音が多いです。でも抜けそうな感覚の後は関係がなくなってきます。

フォルテの方が案外抜けにくかったり感じるときもあります。

ピアノでずっと吹き続ける方が身体が固まる感覚があります。

でもフォルテで激しい曲でも早く抜けます。

 

Q. 鼻抜けになった時、どんな感じがしますか(痛みや違和感など)?

-鼻の奥、または喉の奥が痛い

少し痛いです。空気が通って、ブー!とノイズがするで乾燥というか、荒れる感じです。

-鼻の奥、または喉の奥をギュッとしめたような感じがする

ガバッと開きっぱなしという感じです。

 

【くすのき】

ご返信ありがとうございます。

また、ご回答もありがとうございます。

詳しくお答えいただいてだいぶ様子をつかむことができました。

 

まず、病院での検査の結果(軟口蓋や鼻の奥の形態異常を特に指摘されていない)と鼻抜けになった経緯(まったく楽器初心者からではなく中3コンクールというきっかけがある)から考えるに、形の問題はおそらくないと思います。

また、高音と低音が多い、フォルテよりもピアノでずっと吹き続ける方が体が固まる感覚というのがヒントのように思います。

 

実際に見ていないので物は試しなのですが、いただいた情報から推測して、2つやってみたら良さそうなことをご提案します。

しばらくやってみていただいて、結果をまたご連絡いただけないでしょうか。

 

1 体を楽にして、膝と股関節を少し曲げた状態で立って吹いてみる。

もし大きな鏡があったら、肩と膝がだいたい一直線上に来るようになっているか確認してみてください(イメージ図を添付しておきます)。

 

結果的には上半身が少し前がかりになるような印象を持つと思います。

これをやって吹く場合とまったくやらないで普段どおり吹く場合で音や吹き心地などが変わるかどうか気をつけながら吹いてみてください。

 

2 (楽器なしで)舌べろをもちあげて上あごの天井の硬いところに近づけておき、その硬いところめがけて息を強く当てるようにして吐く。

クシューとかシーといった強い破擦音が出ます。けっこう疲れるかも知れません。この時にお腹のどのあたりに疲労感があるか、どのあたりを使っているかをよく観察しながらやります。

何回かやったら、今後は楽器を普通に吹いてみます。

やらない時とやった時で、音や吹き心地などが変わるかどうか気をつけながら吹いてみてください。

 

やってみてのお返事をお待ちしております。

 

【相談者】

アイデアをありがとうございます。

膝を曲げる方法は、普段から鼻抜けしそうな時に重心を下げることをイメージしながら、なんとなくしていました。

膝を曲げたほうが、下腹部に力が入りやすく鼻の方に意識が行きにくいので、鼻抜け回避には役立っていると思いますが、結局抜けてしまってからは何の意味も持たなくなってしまいます。

 

あと、上顎のアイデアは、楽器レッスンの先生と、骨や筋肉に詳しいリハビリの先生に数年前に教わったので、毎日しています。楽器を吹いて疲れるとどうしても舌が下がり、口内が広くなるので、何度もしています。しかしこれも鼻抜けすると意味はなくなります。

 

今日新たな発見をしたのですが、

今ものすごく風邪をひいていて、鼻のかぎりなく喉に近い辺りと、普段鼻抜けしたときにブー!というノイズが出るあたりが腫れている感覚があります。軟口蓋のあたり?(分からないです…)鼻詰まりは無いです。

そのおかげなのか、今まで鼻抜け必ずしていた曲を無理なく吹くことができました。

鼻先にクリップをつけたりしても何も止まることは無かったのですが、鼻奥が腫れていると効果があると分かりました!いつまでも吹いていられることがとても嬉しく、やはり絶対に治したいと思いました。

 

まだ問題は解決していませんが、今回興味深いと思ったのは、風邪をひいて鼻の奥が腫れている状態で鼻抜けが起こらなかったことです。

 

軟口蓋や鼻の奥の構造が膨張したらふさがったということなので、単純に考えると普段は少し寸法が足りてない可能性があります。

 

僕はこれまで初心者の頃は抜けなかったのに途中から抜けるようになったという場合は基本的に奏法の問題ととらえて改善策を考えてきました。

 

しかしこの相談者の方のように鼻抜けの歴史が長く、現在、吹き始めから抜けることがあるような場合、もしかしたら軟口蓋や鼻の奥の解剖学的形状、サイズなどが管楽器演奏に不利な作りになっているのではとの考えを少し持ち始めています。

 

外見上に表れていたり日常会話に支障が出るほど発音が困難な場合は医学的対処が必要なことがすぐ分かりますが、鼻抜けの方でそういう人は今まで見たことがありません。

 

メール文中に引用されている、手術で鼻抜けを解消した方は楽器初心者の時から抜けていましたが、会話に支障はまったくありませんでした。

 

言葉は声帯を振動させて話すので、空気の圧がかかるのは声門より手前です。

 

管楽器ではリードの手前まで一定の圧を維持する必要から、話す時よりも口の中の空気の圧が高くないといけないのは想像に難くありません。

 

だとすると、

 

– そもそもの構造に人それぞれ有利不利があって、構造的不利から鼻抜けになるケースがある

 

– その構造的不利は、日常会話で発音に支障がないため医学的には問題とならない

 

– 鼻抜けに悩む管楽器奏者のうちの一定層はこういうグレーゾーンにはまっていて、適切な相談先がない状態に置かれている

 

こんな様子が見えてきます。

 

この相談者の方には、もう一度病院にかかって医学的に可能な対処法がないのかどうか相談してみることをおすすめしました。

 

並行して、奏法的なところでなにかできることがないかこちらでも考えているところです。

 

なお、風邪をひいたら(一時的にせよ)鼻抜けが直るのかどうかは、本当に人それぞれだと思います。

 

別の方で風邪の時にソロの本番で盛大に抜けて、むしろそれをきっかけに鼻抜けが慢性化したケースも知っています。

 

鼻の奥の形状など、個人差の方がけっこう大きいのかなと思います。

音楽家のための鍼灸師/アレクサンダー・テクニーク教師 楠 洋介(くすのき ようすけ)

アレクサンダー・テクニーク第2回グループ・レッスン会

2019年2月11日(祝)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

3月のワークショップ企画

3月30日(土)9:30~12:30

クラリネット・オーボエ・サックス奏者のための鼻抜け相談&レッスン会(アレクサンダー・テクニーク)

講師:楠 洋介(アレクサンダー・テクニーク教師/鍼灸師)

 

3月31日(日)9:30~12:30

音楽家のためのヨガ&アレクサンダー・テクニーク(姿勢でわかること)

講師:楠 道子(アレクサンダー・テクニーク教師/ヨガ・インストラクター)

 

3月31日(日)13:30~16:30

弦楽器奏者の悩みにこたえる相談&レッスン会(アレクサンダー・テクニーク)

講師:楠 洋介(アレクサンダー・テクニーク教師/鍼灸師)

 

いずれも場所は、スカイアイ・スタジオ(渋谷区千駄ヶ谷3-21-6 外苑MKビルB1)

参加費(1コマ分)は、通常 7,000円、早割 6,000円(2月中のお振込)

※2コマ分ダブル参加の場合 → 通常 12,500円、早割 10,000円(2月中のお振込)

 

お申し込み、または質問・問い合わせを、お電話(080-5899-5203)またはメール(office@btune-hariq.com)よりお願いいたします。

無料メルマガのご案内

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 管楽器奏者の鼻抜け. タグ: , , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter