東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

鼻抜けを解決するためのレッスンのすすめ方

" 管楽器奏者の鼻抜け "

2019年2月26日

 

 

僕がこれまでに見てきた鼻抜けの方々はオーボエ、クラリネット、サックスといった木管リード楽器がメインです。

 

別に望んでそうなったというよりは、いらした方のお悩みに対応するうちにこうなったというのが実状でした。

 

最速は1回のレッスンで抜けない吹き方が身についた音楽科の高校生サックス吹き。

 

うまく行かなかったのは喉の奥の形状が原因で抜けていた音大生クラリネット吹き。

 

もっともこのクラリネットの方は手術で問題解決でき、アレクサンダー・テクニークは他の点でメリットを感じられたので今も通ってらっしゃいます。

 

どこのアレクサンダー・テクニークの先生に相談しても同じことをやると思いますが、だいたい僕のところではこんなことを試してみます。

 

「気をつけ」姿勢の解除。

 

股関節から上半身を少し前に倒す。

 

息は下から上に向かって吐く(場合によって前・上方向も試す)。

 

骨盤底筋群(バジルさん言うところのおしっこ我慢筋)の活性化エクササイズ。

 

硬口蓋に息を当てるようにして吹く。

 

効果は人によりそれぞれです。

 

鼻抜けは吹き始めからすぐ抜ける人もいれば、しばらく吹いて疲労がたまってから抜ける人もいます。

 

後者のケースでは、レッスン時間中に抜けないことも多く、疲れて抜けそうになるまさにそのタイミングでこそアレクサンダー・テクニークを使って息を吐く(または十分に吸う)のが大事なのにそこを見るのが難しいです。

 

また逆に前者のケースでレッスン中すぐに手ごたえをつかめるのに、家で自分だけでやると元に戻る人もいます。

 

自分だけでやっているときに何をしているのか、レッスンでうまく行ったときと本当に同じことをしているのか、自分で注意深く観察してもらう必要があります。

 

自己観察という意味では、後者のケースでも自分でよく注意して吹き方を見直した結果、2回くらいのレッスンでかなり解決したこともあります。

 

逆に私生活や仕事の状況など落ち着いて自分の吹き方を見直す余裕がなくて、レッスン回数が多くてもなかなか解決できないこともありました。

 

こんなふうに本当に人それぞれです。

 

また、提案したことをやってはいるのだが、軟口蓋の動きだけがどうしても言うことを聞かず下がってしまう、という人もいます。

 

こういう場合は、大事な本番での失敗などトラウマになるような事件・きっかけが裏に潜んでいることも少なくなく、メンタルのカウンセリング的なことが必要になることもあります。

音楽家のアレクサンダー・テクニーク 2Days レッスン会(第2回)

6月29日(土)9:30~12:30

セッションA:木管&金管奏者の悩みに応える相談&レッスン会(アレクサンダー・テクニーク)

講師:楠 洋介(アレクサンダー・テクニーク教師/鍼灸師)

 

6月29日(土)13:30~16:30

セッションB:音楽家のためのヨガ&アレクサンダー・テクニーク(姿勢でわかること)

講師:楠 道子(アレクサンダー・テクニーク教師/ヨガ・インストラクター)

 

6月30日(日)9:30~12:30

セッションC:弦楽器奏者の悩みにこたえる相談&レッスン会(アレクサンダー・テクニーク)

講師:楠 洋介(アレクサンダー・テクニーク教師/鍼灸師)

 

6月30日(日)13:30~16:30

セッションD:音楽家のためのヨガ&アレクサンダー・テクニーク(姿勢でわかること)

講師:楠 道子(アレクサンダー・テクニーク教師/ヨガ・インストラクター)

 

いずれも場所は、スタジオI-LAB(渋谷区千駄ヶ谷3-21-6 外苑MKビルB1)

参加費(1コマ分)は、7,000円

※2コマ分ダブル参加の場合 → 12,500円

 

お申し込み、または質問・問い合わせを、お電話(080-5899-5203)またはメール(office@btune-hariq.com)よりお願いいたします。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第7回)

次回は、2019年7月7日(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 管楽器奏者の鼻抜け. タグ: , , , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter