東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

寒い冬には羊料理

" 東洋医学 "

2018年1月8日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

先日、下北沢のクスクス専門店ルージールに行ってきました。

 

クスクスは北アフリカの郷土料理で、小麦から作られており、世界最小のパスタとも呼ばれています。

 

現地では、結婚式とかお祭りなど特別な時でないと食べないので、おめでたい感じの料理です。

 

これはルージールのクスクスではありませんが、、参考まで

 

ハリ弟子は大好物の羊のクスクスを頼みました。

 

食べてすぐに体がポカポカしてきました。

 

食事誘発性産熱といって、何であれ食べると体が熱を発しますが、羊は特別な気がします。

 

他の肉と比べても、経験的に羊を食べた時が一番温まるのです。

 

すっかり忘れていましたが、東洋医学の五行(ごぎょう)では羊は火行に属していました。

 

血行を良くし、肉の中で最も温める作用が強いと考えられています。

 

北海道のイメージがあるのも納得です。

 

羊料理で寒い冬も乗り切れそうです。

 

サウジアラビアにいた頃、ラクダ肉も食べたことがあります。

 

こちらはカプサという料理で、でかい皿に盛られたお米の上にラクダの丸焼きがのっていました。

 

こちらはラクダのカプサではありませんが、、参考写真

 

一度しか食べたことはありませんが、このラクダもまた羊におとらずおいしかったです。

 

肉の味がかなり濃厚でやわらかく、お米とよく合いました。

 

東洋医学では鶏、羊、牛、馬、豚については食べるとどうなるとか言及がありますが、ラクダについては見つかりませんでした。

 

何となくですが、羊におとらず温める作用が強く、滋養になるような気がします。

 

ラクダの丸焼きも、いつかまた食べたいなあ、、

 

ルージールのウェブサイトはこちら >> クスクス ルージール

この記事を書いた人
カテゴリー: 東洋医学.
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter