東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

新しい鍼が入りました

" 東洋医学 "

2018年2月2日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

今日は新しく入れた鍼をご紹介します。

 

セイリンという会社のパイオネックスという置き鍼です。

 

早速試してみました。

 

 

どこにあるか分かりづらいですね。

 

矢印をつけてみました。

 

肌と同じ色のばんそうこうのようなシールになっていて、真ん中に小さな鍼が仕込んであります。

 

最初の写真の左から、長さ1.2mm、0.6mm、0.3mmの3種あります。

 

0.6mmと0.3mmは前から使っていて、慢性の肩こりや花粉症など、鍼灸で良くなってもすぐまた症状が戻ってしまう方向けに、効果が長続きするように貼っています。

 

今回、1.2mmを初めて仕入れましたが、長い分だけ刺激が強めなのでしょう。

 

コリが強い方とか体の大きな方向けにと思って、試しに入れてみましたが実際はどうなのでしょうか?

 

今、自分に貼って様子を見ています。

 

こちらは銀の鍼。

 

普段、ステンレスの鍼を使ってますが、柔らかさにおいて銀にはかないません。

 

銀の鍼は、はだかのまま束になって紙の包で売られるのが普通です。

 

ただ、それだと使用前に1本1本アルコール消毒しなければならず、忙しい臨床には不向きです。

 

その点、こちらの製品は1本ずつ個包装されていて、しかも滅菌消毒済なので便利です。

 

早速、試し打ち。

 

こんなふうに良くしなるのが銀の鍼の特徴です。

 

とても柔らかいので、ステンレスの鍼に比べて扱いが難しいですが、使いこなせば鍼の刺激をより繊細なレベルで調節できます。

 

道具も凝りだすといろいろきりがありません。

 

しばらくは今の道具を使って最大の効果を上げられるよう、技術の向上に努めます。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 東洋医学. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter