東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

むくみを取り去るツボ(1)

" 東洋医学 "

2018年9月7日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

今日ご紹介するのはうちのかみさんにした鍼の症例です。

 

このところのお天気と立ちっぱなしの仕事のせいか、足とお腹がむくみ気味。

 

そこで足の三陰交(さんいんこう)、地機(ちき)、陰陵泉(いんりょうせん)というツボとお腹に何か所か鍼をしました。

 

ある程度時間をおいて抜いたらスッキリ。

 

特に右足には何日か前に転んでできた青あざがあったのですが、かなり小さくなって驚きました。

 

ただちょっと効き過ぎたせいか、その後2時間くらいこんこんと眠ってしまいました。

 

家だからいいものの治療院だったら患者さんが帰宅するのがしんどくなるレベルかも知れません。

 

鍼をすると生体の反応として体内のいろんな物質をまわし始めます。

 

気を張って固めることで留めていたものが緩むことで動き出すのです。

 

その中にはこれまでの仕事や生活でたまった疲労物質もあるのでしょう。

 

だから固めることで当座を乗り切るのもある意味で体の選択だったりします。

 

施術後にだるくなったり、急な眠気におそわれたりするのはそんなからくりがあるのではないかと考えています。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 東洋医学. タグ: , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter