東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

昭和の鍼灸師と同じ患者さんはもう来ない

" 東洋医学 "

2018年12月19日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

仕事柄、昭和に活躍した鍼灸師の本をよく読みます。

 

使ったツボや治療の考え方など勉強になるからです。

 

と同時にそこで扱われている病気の種類にとまどうことも少なくありません。

 

たとえば、結核。

 

昔は薬がなかったので、お灸による治療が多く行われていて実際それで治った人たちがいました。

 

現在は抗生物質で治すので、鍼灸の治療院に来る患者はゼロです。

 

これはちょっと極端な例ですが、ここ100年くらいの西洋医学の進歩は目覚ましいです。

 

かつては対処しようがなかった病気や症状で、現在は薬などできれいに取り去ることができるようになったものが数多くあります。

 

ということは鍼灸の先人が扱ってきた病気の多くが、今では病院で対応できるということです。

 

つまり我々が先人と同じ病気の人を相手にしようとしたらだめです。

 

だって、1回数千円かかる自由診療の鍼灸と1回数百円の保険診療の病院、同じ病気ならどっちに行くか明らかですから。

 

となると現在の鍼灸は誰を相手にしたら良いのでしょう?

 

条件さえ整えば、病院医療より総体のコストが安い分野があるかも知れません。

 

たとえば痛みのコントロールの分野で鎮痛剤と置き換えるなど。

 

保険診療は安く見えますが実際には補助金で埋め合わせしているので総体コストは鍼灸の自由診療の料金とそんなに変わりません。

 

薬の成分の多くは体内で代謝された後で尿や便として排泄されますが、その成分は下水処理場でも除去できず河川や海に流れます。

 

そうした医薬品による環境負荷はまだよく分かっておらず、農畜産物や魚介類への蓄積、そしてそれをまた食べる人間への健康リスクが問題視され始めています。

 

鍼灸の鍼は金属資源として再利用されるルートもあるので、こうした環境負荷まで考慮した上で低コストと判断されれば、投薬に変わる可能性はあるでしょう。

 

ただしこれは薬と同等の効果があることが証明されるのが前提です。

 

「条件さえ整えば」というのはそういう意味です。

 

長くなったので続きはまた今度。

以下、アレクサンダー・テクニークのご案内です。

 

これから『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料のメルマガを始めます。

 

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

 

さらに、来年からアレクサンダー・テクニークのグループ・レッスンを始めます。

 

第1回目は2019年1月6日(日)15時~17時までの2時間で、定員は6名まで(現在残り5名様)。

 

参加費は4,000円です。

 

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

 

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

 

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 東洋医学. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter