東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

難病治療と鍼灸と医の倫理

" 東洋医学 "

2018年12月22日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

一昨日、昨日と現在の鍼灸は誰を相手にすべきかを考えています。

 

総体コストで比較優位が見込めそうな分野、養生ときて、今日は難病です。

 

昭和の鍼灸師の本を読んでいると「おれたちは医者が治せない患者さんを相手にしている」という言葉がひんぱんに出てきます。

 

現代医学では未解決の分野に鍼灸、特に古典的治療体系を使って対応してきた歴史があるからです。

 

かつて薬がなかった頃の結核はその代表でしょう。

 

病気の種類は時代ごとに変わりつつも、ある意味、過去から現在までずっと続いている流れとも言えます。

 

古典中国医学は、鍼灸も漢方も「証(しょう)」によって治療法を決めることができます。

 

そして証は生きている人間である限り、どんな人にも立てることができます。

 

これが現代医学との最大の違いです。

 

西洋医学は原因なり病気のメカニズムがかなり分かっていないと治療できませんが、鍼灸の場合は治療まではできるのです。

 

問題はその治療で治るかどうかです。

 

証が立って治療法が決まるからと言って、治るとは限りません。

 

治ってたら中国には病人がいないはずですが、そんなことないですよね。

 

昔の結核のように西洋医学で歯が立たなかった病気に東洋医学が著効したケースがあるのは事実ですが、うまく行かなかったケースもまたごまんとあるわけで、その違いを明確にしないまま雰囲気で東洋医学推しするのは技術発展を妨げます。

 

実際のところ、東洋医学には完成された何か神秘的なものがあるわけではなく、どうやったら治せるか漢方薬の配合を変えたり、証の考え方を修正したりとずっと取り組んできた歴史の上に今があります

 

また、仮に治るとしても時間がかかるので経済的負担が大きくなります。

 

だからこそ指定難病という制度があって特定の病気に関しては医療費を公費負担するなどの対応がなされているわけです。

 

そうした方を相手に自由診療の鍼灸の料金をそのまま取れるものかどうか。

 

かかる回数と期間を考えると相当な負担です。

 

にも関わらず治るかどうか前もって相応の確実性で言えない場合には、倫理的な問題も考えざるを得ません。

 

難病ではありませんが、ハリ弟子のところでは音楽家のディストニアの方がいらした時は個別の状況を考えて看板どおりの料金は取っていません。

 

それだけ時間と回数がかかる可能性が高く、経済的負担になることが分かっているからです。

 

アレクサンダー・テクニークのクリニカル・レッスンの料金を決めていないのも同じ理由です。

 

もちろん経営の観点からは通常料金ならどれだけ金策が楽かと思いますが、医の倫理がそれを許さないと考えています。

 

以下、アレクサンダー・テクニークのご案内です。

 

これから『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料のメルマガを始めます。

 

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

 

さらに、来年からアレクサンダー・テクニークのグループ・レッスンを始めます。

 

第1回目は2019年1月6日(日)15時~17時までの2時間で、定員は6名まで(現在残り5名様)。

 

参加費は4,000円です。

 

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

 

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

 

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 東洋医学. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter