東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

3つの合谷

" 東洋医学 "

2019年4月21日

 

 

合谷(ごうこく)というツボは超有名です。

 

手の親指と人差し指の付け根の水かきみたいなところにあります。

 

手が疲れたとき無意識にそのあたりをもんでいる人も多いのではないでしょうか。

 

ところがこの合谷、僕の知る限り3種類あります。

合谷1

1つは現在の鍼灸師養成校で教えられている公式の合谷。

 

第2中手骨中点の橈側(とうそく)。

 

養成校で使うツボの位置はWHOが定める世界標準のものに合わせており、それがこれです。

 

鍼灸師国家試験ではこれで答えないと点をもらえません。

 

合谷2

2つ目はひと昔前まで養成校で教えられていた合谷。

 

第1、第2中手骨底間下のへこんだところで第2中手骨寄り。

 

合谷1よりも手首寄りです。

 

ツボの世界標準化がなされる前、日本の多くの鍼灸師が使っていたのはこちらの合谷です。

 

合谷3

3つ目は澤田健という明治生まれの名人鍼灸師が使っていた合谷。

 

手首と合谷2の間のへこんだところで動脈の上に取り、別名澤田流合谷とも呼ばれます。

 

澤田流はわりと大きな影響力のあった門下で、今でも直接間接にこの流派のやり方を受け継いでいる鍼灸師は多いと思います。

 

ただしこの合谷、澤田流の治療を伝える『鍼灸真髄』(代田文誌著)によると灸で使っていたツボのようです。

 

科学史家、山田慶兒の『中国医学の起源』によると灸療法の原始的な姿は動脈上に直接もぐさをすえて燃やすことだったらしいので、もしかしたら古代中国のツボの取り方に忠実と言えるかも知れません。

 

どの合谷もそれぞれに意味があります。

 

僕が自分に打って感じるところでは、合谷1は手そのものの筋疲労や痛み、合谷2は上腕前面から大胸筋、小胸筋を経て首の前面から喉の奥への筋テンションに変化を与える印象があります。

 

顎関節症のトランペット奏者の方に合谷2を使ったとき、即座に「あ、今ゆるみました!」と言われたこともあります。

 

合谷3はまだ試していませんが、動脈上に灸をすえることから察するに血管、心臓、自律神経系への何らかの影響をねらったものと考えています。

 

『鍼灸真髄』では目の病気、血圧亢進などに使ったと書かれていますね。

 

僕が一番よく使うのは合谷2です

 

厳密に言うとその中でもさらに細かく3か所くらい使い分けています。

 

どんなときにどの合谷を使うかもっと明確にできればいいのですが、どんな観察の事実に基づいてツボを選んで、どの症状に効いたのか、まだまだランダムな情報でしかなく整理する必要があります。

 

今は合谷のあらゆる可能性を探って事例を重ねているところです。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第5回)

次回は、2019年5月12(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 東洋医学. タグ: , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter