東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

使わないツボの話

" 東洋医学 "

2019年9月19日

 

鍼灸学校の教科書で教えるツボは361個あります。

 

これだけあるとけっこう全身くまなくツボだらけです。

 

そうなると一度も使ったことない、というかこれからも一生使わないだろうなってツボも出てくるわけです。

 

たとえば会陰(えいん)と長強(ちょうきょう)。

 

お尻の穴の前が会陰、後ろが長強です。

 

これはまあ場所が場所だけに、、、

 

あるいは乳中(にゅうちゅう)、乳首の真ん中です。

 

こんなとこに鍼したら拷問です、、、

 

ただ、乳中の他にも胸のツボはたくさんあって、肋骨の上の筋肉って自分で押してみると痛気持ちいいんですよね。

 

でも実際にはほとんど使いません。

 

女性の場合乳房があるし、男性でも他人に触られて平気な人はあまりいないのでないでしょうか。

 

気胸(肺に穴があくこと)のリスクもあるので、僕の場合、使うとしても鎖骨の直下と胸骨の上のツボだけです。

 

361という数字は、中国漢代にまとめられた鍼灸の古典『黄帝内経(こうていだいけい)』のツボの数は1年の日数と同じ365個という記述に由来します。

 

ところが当の黄帝内経には163個のツボしか載っていないそうです。

 

調べてみると前胸部肋骨上のツボはほとんどありませんでした。

 

やはり当時から危険なので使わなかったのか?

 

>>「内経」に記載された経穴名の研究

 

365というのは天と人は呼応するという当時の自然哲学を反映して、太陽の周りを地球が一周する日数を人体にも当てはめたのでしょう。

 

人体を調べてみたら365個あった、というより理論上365個あるはずだ(が今のところまだ163個しか確定していない)と読むのが妥当な気がします。

 

少し時代を下って三世紀後半の晋代に皇甫謐(こうほひつ)が『鍼灸甲乙経(しんきゅうこうおつけい)』を書きます。

 

この本ではツボの数は347個に増え、前胸部肋骨上のツボもラインナップに載ります。

 

365に合わせる努力がなされたのでしょう。

 

もしかしたら数合わせで持ってこられたツボもあったのでは?と勘ぐかったら性格悪いでしょうか。

 

例の前胸部肋骨上のツボたちはどうなのでしょうか。

 

気胸が怖いですが、自分でやってみようかしら。

 

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 東洋医学. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter