東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

整動鍼のDVD実技演習に行ってきました

" 東洋医学 "

2019年10月2日

 

今日はまたえらく暑い日でした。

 

こんな日にはツイッターでフォローしているデブ・スベッター氏の寒いネタで涼をとりたくなります。

ん、High G って?

 

低音な人間には数えんと分かりませんでした、、

 

さて、9月最後の日曜日は整動鍼のDVDで紹介されているツボを実技で学べる講習会に行きました。

 

とても撮りが工夫され見るだけでかなり正確にツボの場所が分かるDVDですが、自分の指でツボに触れる感覚に勝るものはありません。

 

実技講習会では複数の講師がまわって「正解はこれです」とばかり触らせてくれます。

 

これはありがたいです。

 

おかげさまで想像してたのからまたツボを修正。

 

今まで効きがいまいちだったツボをもっと強力に使えるようになりました。

 

今回の講習会、個人的にもっともツボだったのは「筋肉は均等に収縮するのではなく、体が動くためにはコリも必要」という話でした。

 

筋肉のコリを支えに使うと考えれば、関節以外の場所を仮想のテコとするような動きも納得がいきます。

 

いや、実際に動くところはもちろん関節なんですがその動き方、軌跡が仮想のテコによって違って見えるんですね。

 

僕は筋肉の収縮ピークがぐにゃ~んと移動するようなモデルを考えていましたが、ある程度決まった場所があってパターン化されてると考えると臨床とも一致する気がします。

 

コリも適度に使ってる分には問題にならないですが、使い過ぎると硬く育ってかえって動きを損なうわけです。

 

音楽家など決まった動きを反復しますから、こういう状態になりやすいのが容易に想像できます。

 

整動鍼のツボは育ったコリをその人なりの平常に戻すお手伝いをします。

 

コリが解けて元のように動けるようになると痛みなどの症状も解けていきます。

 

しかもコリや痛みのある局所に鍼するのでなく、人体がもともと持っているバランスを回復する反応を利用するので少ない鍼で体の負担を小さくできます。

 

自転車で言うと両足しゃかりきに動かすのでなく、右を踏んだら左が勝手に上がり、左を踏んだら今後は右が勝手に上がるイメージ。

 

鍼が半分、患者さんの体の反応がもう半分です。

 

学び始めたばかりの整動鍼、ただいま施術のモニターを募集しています。

 

ただし、整動鍼のやり方で僕が対応できる症状がまだ限られるので、種々条件がつきます。

 

それらの条件は別途メルマガにてご説明しますので、興味のある方は下記のフォームからご登録ください。

 

 

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 東洋医学. タグ: .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter