東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

吹いてると腕がだんだん痛くなる

" 痛み "

2019年4月10日

 

 

オーボエ奏者の方がいらして、吹いてると右腕がだんだん痛くなることのご相談でした。

 

楽器を吹いていない素の状態では何ともないとのことだったので、とりあえず吹いてもらいます。

 

しばらくパラパラと鳴らしてもらって、どうでしたか?と聞くと、痛みが出ていました。

 

その間、5分と経ってなかったので楽器を吹くための動作と腕の痛みがかなり直結してるらしいことが分かります。

 

解剖学的構造を考えながら、少しずつ違うやり方を試してもらって痛みが出ない腕の上げ方があることは分かりました。

 

ただ、鍼を使って体の状態を変えてしまうことで演奏のやり方のことをそんなに考えなくても痛みが出なくなるかも知れません。

 

そこで、主に背骨と肩甲骨のツボを使った施術をして、終わった後でもう1度楽器を吹いてもらいました。

 

「最初は良かったけども、やはりだんだんと痛みが出てきました」

 

どうも演奏のために楽器を持つという考えそのものに何らかの痛みにつながる動きの指示が含まれていて、体がその考えに則して働いた時に痛みが出るようです。

 

体の状態だけが原因で痛みが出てたとしたら、もっと鍼の効きが良かったでしょう。

 

「考え」と言っても、もちろん自分で痛くなりたくてやってるのではなく、知らずにやっちゃってることです。

 

発想を変えて、別の思考ルートをたどって楽器を持つ方法づくりに作戦変更します。

 

楽器を左手に持っておいて、手ぶらの右腕をただ上げてもらいます。

 

次に、部屋の向こう側の壁を手で押すと思って右腕を上げてもらいます。

 

両方とも見た目はほとんど変わりませんが、中身の筋肉の働き方はまるで別物になっています。

 

この違いをまず認識してもらいます。

 

次に楽器は最初左手で持っておいて、右手は向こうの壁を押すつもりで上げてから肘を曲げて楽器を持ち、それから普通の構えまでもっていきます。

 

これで吹いてもらったら右腕の痛みは起こりませんでした。

 

一度崩してもらって、練習としてもう1度やってもらっても痛くなりません。

 

長く吹いたら難しいかも知れませんが、今のところこれで痛みにつながる動作のプログラムは回避できるようです。

 

実際には体幹の支えとか、ブレスの取り方・息の吐き方とか、様々な要因が絡んでいるので、この効果も当面のものかも知れません。

 

そうした他の要因についても時間の許す限りアイデアをお伝えしたので、自分でいろいろ試してみて良い方向に向かっていただけたらなあと思います。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第5回)

次回は、2019年5月12(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 痛み. タグ: , , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter