東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

座奏による座骨神経痛に環跳(かんちょう)で対応

" 座骨神経痛 "

2019年4月18日

 

 

座奏での仕事が多い木管奏者の方が座骨神経痛でいらっしゃいました。

 

左脚がお尻の後ろからもも裏にかけて痛みが出ます。

 

座骨神経痛は主に腰椎の問題か骨盤の筋肉(梨状筋)の問題と考えられています。

 

この方の場合は座っている時間が長くなると悪化、立ち上がってしばらく歩くと改善ということで、梨状筋の問題が疑われました。

 

 

あおむけに寝て膝を伸ばした状態で股関節から脚をあげると右は90度近くまで上げられるのに左は30度くらいで痛くて上げられません。

 

 

梨状筋はお尻の奥にある筋肉で、座骨神経はこの辺りの筋肉の隙間を抜けて脚に行きます。

 

そのためお尻の奥の筋肉がこり固まっていると座骨神経痛になりやすいのです。

 

マッサージなどの手技でも方法はありますが、奥にある筋肉を直接刺激するのは鍼が得意とするところです。

 

主に使ったツボは環跳(かんちょう)。

 

加えて仕事である演奏との関係で動きを固めやすいところにも鍼をして、全体として負荷を散らして動きやすい体へとコンディションを整えました。

 

施術を終えてもう一度あおむけになって脚を上げるテストをします。

 

「おおー!」

 

驚きの声が上がりました。

 

ついさっきまで30度くらいで痛くて上がらなかった左脚が90度近くまで上がります。

 

症状が出てわりと早い段階でいらしてくださったので1回でこれだけ効果があったのでしょう。

 

いつもこんなに簡単に治るとは限りません。

 

でも痛かったのが治って笑顔で帰っていただけるとやはり嬉しいですね。

アレクサンダー・テクニーク江古田レッスン会(第5回)

次回は、2019年5月12(日)15時~17時 定員は6名まで

場所:江古田のbodytune鍼灸マッサージ院内スタジオ

参加費:4,000円

1人20分程度のレッスンを順番に行なって、みんなでシェアします。

申し込み、お問い合わせは080-5899-5203までお電話か、office@btune-hariq.comまでメールください。

または、お問い合わせフォームのページから送信いただいてもけっこうです(>>ご相談・お問い合わせ)。

無料メルマガもあります!

『演奏の不調・お悩み相談メール講座』という無料メルマガを好評発信中です。

よろしければ、下のリンク先から登録ください。

 

>>メール講座ご登録画面(スマホから)

 

>>メール講座ご登録画面(パソコンから)

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 座骨神経痛. タグ: , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter