音楽家とミュージシャンのための身体メンテナンス(東京都品川区品川駅)
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

肩こりと呼吸の意外な関係

" 肩こり・首こり "

2018年1月24日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

ここ数日、肩こりのことを考えていて思い出すことがあります。

 

Tubaを吹くと、なぜか肩がこるという現象です。

ハリ弟子は、かつてTubaを吹いていました。

 

休日には何時間も練習に打ち込んでいました。

 

そんな練習の後はいつも重い肩こりになっていました。

 

その理由も、肩甲骨の「固定」で考えると分かります。

 

Tubaを吹くためには息をたくさん使います。

 

そのための呼吸は、肋骨が活発に動く必要があります。

 

それなのに、肋骨の上に肩甲骨でふたをしていたらどうでしょうか。

 

本来やりたいような肋骨のダイナミックな動きが邪魔されて、少ない息しか使えません。

 

肩甲挙筋や僧帽筋と言った筋肉は、そのふたを外そうとして頑張っていました。

 

しかし、当の肩甲骨が肋骨にへばりつこうとしてるのでうまく行くはずもなく、疲労して肩こりになっていたのでは、、

 

今ではそう考えています。

 

鎖骨、肩甲骨、上腕骨といった腕の骨につく筋肉はうまく使えば呼吸にも使えます。

 

問題は、どのように使うかです。

 

当時のハリ弟子は、その使い方を完全に間違っていました。

この記事を書いた人

2016年、東京都練馬区の江古田にて音楽家専門の鍼灸治療院を始める。

2021年、東京都品川区の鍼灸院「はりきゅうルーム カポス」に移籍。音楽家専門の鍼灸を開拓し続ける。

はり師|きゅう師|アレクサンダー・テクニーク教師

 

カテゴリー: 肩こり・首こり. タグ: , , .
  • ブログトップ
    ブログ

    音楽家専門はり治療ブログ

  • ブログカレンダー
    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter