音楽家とミュージシャンのための身体メンテナンス(東京都品川区品川駅)
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

タグ別アーカイブ: 金管楽器

ある頚椎とアンブシュア不調の関係の詳細へ

ある頚椎とアンブシュア不調の関係

2021年6月29日

管楽器奏者のアンブシュア不調

遠方にお住まいのトロンボーン奏者の方がいらっしゃいました。初回が半年くらい前で今回は2回目。症状はアンブシュアの不調で吹いているとけいれんしたり息が漏れたりし、音が鳴らなくなるというもの。   施術前に吹いていただくと、半年空いたわりには改善した状態が保たれていました。前回の施術で吹奏...

演奏になんら支障のない鼻抜けの事例の詳細へ

演奏になんら支障のない鼻抜けの事例

2021年6月9日

管楽器奏者の鼻抜け

先日、トロンボーンの学生さんからチャットでメッセージいただきました。鼻抜けにお悩みとのこと。ただし僕がこれまでみてきた普通の?鼻抜けとはだいぶ様子が違いました。   鼻抜けとは管楽器を吹くときに息が鼻から抜けてしまう現象です。鼻の奥と口の奥はつながっていて、軟口蓋がこのつながりをふさぐ...

金管楽器奏者のアンブシュア不調と側頭筋・咬筋の緊張の詳細へ

金管楽器奏者のアンブシュア不調と側頭筋・咬筋の緊張

2021年5月8日

管楽器奏者のアンブシュア不調

金管楽器奏者のアンブシュア不調でしばしば見られる症状に、中音域から低音にかけて音が鳴らないということがあります。人によっては高音域では何も問題なくスルスルと吹けたりします。ところが中音域から下になると別人のように音が当たらないのです。   大方のケースで第3倍音(C管ならG、B♭管なら...

鼻抜けを考える(2021年5月版)の詳細へ

鼻抜けを考える(2021年5月版)

2021年5月7日

管楽器奏者の鼻抜け

音楽家専門の鍼灸をしていると一般的鍼灸院ではまず出会わない症状をみることがあります。その一つが管楽器奏者の鼻抜けです。   鼻抜けは管楽器を吹く時に鼻から息が出てしまう現象です。なぜ起こるか?簡単に言えば軟口蓋の閉鎖が不十分なために起こります。   ただしこの軟口蓋の閉鎖...

金管楽器奏者のアンブシュアの調整を考えるの詳細へ

金管楽器奏者のアンブシュアの調整を考える

2021年2月13日

管楽器奏者のアンブシュア不調

金管楽器奏者のアンブシュア不調で、いったん音が鳴ってから消えてしまうケースと、最初から音が鳴らないことで悩まれるケースがあります。   結局どちらも音が出ないので問題としては同じものととらえがちですが、この2つは別のメカニズムによるのかも知れないと思うことがありましたので考察と報告です...

音大卒トロンボーン奏者の鍼治療後の感想の詳細へ

音大卒トロンボーン奏者の鍼治療後の感想

2021年2月4日

管楽器奏者のアンブシュア不調

以前、アンブシュアの不調で施術を受けていただいたトロンボーン奏者の方からメッセージをいただきました。   『先日はありがとうございました。   治療後の新しい状態の口で帰ってからすぐ練習してみました。   先生の言われた通り、出力が10のうち2くらいの力で音...

金管楽器のアンブシュア、タンギング不調の調整方法(3)の詳細へ

金管楽器のアンブシュア、タンギング不調の調整方法(3)

2020年11月3日

管楽器奏者のアンブシュア不調

管楽器で音を鳴らすために絶対に必要なもの、それは息です。   アンブシュアをどれだけ固く閉じても、舌をどれだけ強く突いても、そこに息の流れがなかったら音は鳴りません。   アンブシュアや舌でやるべき仕事は息の量、強さ、速さ(どのように表現するのであれ)とのバランスで決まり...

金管楽器のアンブシュア、タンギング不調の調整方法(2)の詳細へ

金管楽器のアンブシュア、タンギング不調の調整方法(2)

2020年10月31日

管楽器奏者のアンブシュア不調

口まわり(アンブシュア)や舌という問題発生個所以外で見るべきところは胴体です。   アンブシュアに関しては特に脊椎の動きを調整する必要があります。   そのためには金管楽器の奏法(アンブシュアモーション)理解が役立ちます。   なのでアンブシュアモーションに...

金管楽器のアンブシュア、タンギング不調の調整方法(1)の詳細へ

金管楽器のアンブシュア、タンギング不調の調整方法(1)

2020年10月29日

管楽器奏者のアンブシュア不調

管楽器奏者のアンブシュアやタンギング不調をどう調整するかはなかなか難しい問題です。   アンブシュアに関わる表情筋は皮筋であるため骨格を動かす筋肉と比べてとらえどころがないですし、また舌のように顔面頭蓋の内側にある筋肉は実際になにが起こっているのか観察困難だからです。   ...

鍼とアンブシュア・モーションを組み合わせて金管奏者の不調脱却をはかるの詳細へ

鍼とアンブシュア・モーションを組み合わせて金管奏者の不調脱却をはかる

2020年9月2日

管楽器奏者のアンブシュア不調

金管楽器のアンブシュア不調(ゆれ、ふるえ、息漏れなど)に付随して比較的多く見られることに、マウスピースと顔の相対的位置関係が変化しないことがあります。   高音域、中音域、低音域どこを吹いても楽器と顔が一定の角度、位置関係を保ったまま動かないように見えるのです(これと裏腹に口元や頬には...

腕がゆれてしまうトランペット奏者とのレッスンの詳細へ

腕がゆれてしまうトランペット奏者とのレッスン

2020年5月27日

アレクサンダー・テクニーク

楽器をかまえる時に腕がゆれてしまうトランペット奏者にアレクサンダー・テクニークのレッスンをしました。   マウスピースをアンブシュアに接する瞬間はとても繊細です。   思ったところにカップがおさまらないと吹きたくても吹けません。   そんな感覚は管楽器の人な...

腕が揺れても吹ける奏法の詳細へ

腕が揺れても吹ける奏法

2020年3月6日

ふるえ・ゆれ

  楽器を構えると腕が揺れてしまうトランペット奏者の方が定期的にいらしています。   鍼灸とアレクサンダー・テクニーク両方の良いところを使って取り組み始め約1年が経ちました。   揺れる原因は良く分かりません...

タンギングをツボで調整するの詳細へ

タンギングをツボで調整する

2020年2月21日

ディストニア

  たびたびご紹介しているアンブシュアのディストニア(疑い)と診断されたチューバ奏者の方の施術。   だんだんと苦手な音域も音が当たる率が上がってきています。   一方でタンギングについては対応を後に残してい...

整動鍼とアレクサンダー・テクニークの相乗効果(3)の詳細へ

整動鍼とアレクサンダー・テクニークの相乗効果(3)

2020年1月8日

ディストニア

今日はアンブシュアに不調のあるTuba奏者の方との施術&レッスンの実際のところを報告します。   件のTuba奏者は数年前からアンブシュアとタンギングにやりづらさを感じて一時まったく音が出なくなり、病院では口唇のフォーカル・ディストニアの疑いがあると言われました。   僕...

整動鍼とアレクサンダー・テクニークの相乗効果(2)の詳細へ

整動鍼とアレクサンダー・テクニークの相乗効果(2)

2020年1月7日

ディストニア

昨日の続きです。   Tuba奏者の話の前に、指を痛めたピアニストの例で整動鍼とアレクサンダー・テクニークの使い分けのイメージを書きます。   こんな架空の設定でした。 例えば指を痛めたピアニストがいたとして、指の問題を解決するためには腕の使い方を変える必要があり、腕の...

整動鍼とアレクサンダー・テクニークの相乗効果(1)の詳細へ

整動鍼とアレクサンダー・テクニークの相乗効果(1)

2020年1月6日

ディストニア

昨年の9月から月1回のペースでアンブシュアに不調のあるTuba奏者の方がいらしています。   病院では口唇のフォーカル・ディストニア疑いと診断されたそうで、症状が始まってからすでに数年です。   鍼灸(整動鍼)とアレクサンダー・テクニークの合わせ技で取り組んで約半年がたち...

観察が導いた鎖骨の調整の詳細へ

観察が導いた鎖骨の調整

2019年12月3日

東洋医学

  Tuba奏者の方に鍼灸施術していたときのこと。   鍼をして演奏してみてというのを何回か繰り返したとき、胴体に対して楽器を構える右腕が前に出てきたのが見え、音が変わりました。   主訴は演奏に困難を生じる...

ラッパなら本音が話せますの詳細へ

ラッパなら本音が話せます

2019年10月23日

ふるえ・ゆれ

  かまえようとすると腕がガクガクゆれてしまい、楽器のセッティングにも困難をともなうトランペット奏者がいます。   名前を仮にOさんとします。   ゆれても楽器を押さえつけるようにして何とかだましだましやって...

  • ブログトップ
    ブログ

    音楽家専門はり治療ブログ

  • ブログカレンダー
    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter