東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

タグ別アーカイブ: 金管楽器

息の支えの意味(1)の詳細へ

息の支えの意味(1)

2018年10月6日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   最近クラリネットを始めることで「息の支え」ということについて思うことがあったので備忘的に書いてみます。   息の支えについてはバジルさんのブログでも種々書かれていて、ハリ弟子の理解もこれに基づいています。   >>...

管楽器奏者の不調を考えるの詳細へ

管楽器奏者の不調を考える

2018年10月5日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   このところずっと息の問題を考えてきました。   楽器を鳴らすためには息の圧が必要とかスピードが大事とかいろんな言い方がありますが、物理学的には圧は静圧、スピードは動圧と同義でした。   静圧と動圧は流路の形状や大きさなどの条件...

息のエネルギーをロスするところの詳細へ

息のエネルギーをロスするところ

2018年9月30日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   先日までのところで、息の圧力(静圧)とスピード(動圧)はトータルで考えると一定のエネルギーと考えられ(全圧)、スピードが増せば圧力が下がり圧力が上がればスピードが落ちる関係にあることを流体力学の理論から確認しました。   理論的には肺から出...

息のとおりみちの詳細へ

息のとおりみち

2018年9月27日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   今日は肺から喉までの息のとおりみちについてみてみます。   ハリ弟子の手元にある解剖学の教科書にはこう書いてあります。   「気管は第6頚椎の高さで、喉頭の輪状軟骨の下から垂直に下降する」   本当にそうかど...

鼻抜けに悩むトロンボーン奏者とのレッスンの詳細へ

鼻抜けに悩むトロンボーン奏者とのレッスン

2018年9月11日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   鼻抜けに悩むトロンボーンの方がアレクサンダー・テクニークのレッスンにいらっしゃいました。   前回のレッスンから2週間ぶりです。   鼻抜けそのものはだいぶ起こらなくなってきたのですが、その前兆としての喉の奥の詰まり、こわばり...

トロンボーン奏者の鼻抜けの詳細へ

トロンボーン奏者の鼻抜け

2018年8月31日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   鼻抜けに悩むトロンボーン奏者の方からご相談をいただきました。   トロンボーンと言えばまっすぐでパワフルな音が持ち味なのに、息が鼻から抜けてしまったらさぞや悔しいと思います。   また逆に、まっすぐでパワフルというイメージがゆ...

アーバンの先生が残したトランペット教本の詳細へ

アーバンの先生が残したトランペット教本

2018年8月26日

雑記

こんにちは!ハリ弟子です。   前回のブログで François Dauverné (フランソワ・ドヴェルネ)というアーバンの先生がいたと紹介しました。   ドヴェルネが生きた時代は1799年~1874年。   ナチュラル・トランペットが一般的だった時代...

たくさんあるらしいアーバン金管教本の詳細へ

たくさんあるらしいアーバン金管教本

2018年8月26日

雑記

こんにちは!ハリ弟子です。   昨日は目黒のBody Chanceにてトランペット奏者後藤慎介さんに練習の仕方を学ぶ会に参加しました。   慎介さんがおもむろに取り出したアーバン金管教本、他の出版社のものより内容がていねいなのだそうです。   同じアーバ...

管楽器奏者の動きの効率性の詳細へ

管楽器奏者の動きの効率性

2018年7月28日

体のしくみ

こんにちは!ハリ弟子です。   前回の続きです。   仮に動きの先端とターゲットまでの最短距離を結ぶような動きを効率的と見なすとして、これを管楽器演奏に当てはめたらどうなるのか考えてみます。   動きの先端がターゲットまでの最短距離を結ぶような動きを効率的と...

気分が落ちると骨格筋が終了する?の詳細へ

気分が落ちると骨格筋が終了する?

2018年7月20日

体のしくみ

こんにちは!ハリ弟子です。 はるか昔の小学生の頃、計算ドリルだったか漢字の書き取りだったかよく覚えていませんが大量の宿題が出たことがあります。   やらないと各方面から怒られます。   やりたくもないのに頑張ってこなしていたのですが、よほど嫌だったのでしょう。 &...

J. シェルツァーのTubaの詳細へ

J. シェルツァーのTuba

2018年7月3日

雑記

こんにちは!ハリ弟子です。   J. シェルツァーというとトランペットで有名な管楽器ブランドですが昔はTubaも作っていて、ハリ弟子は縁あって1本所蔵していました。   いました、というのはこのほど手放すことになったからです。   この楽器を入手したのは...

  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年11月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter