東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛

タグ別アーカイブ: 姿勢

観察が導いた鎖骨の調整の詳細へ

観察が導いた鎖骨の調整

2019年12月3日

東洋医学

  Tuba奏者の方に鍼灸施術していたときのこと。   鍼をして演奏してみてというのを何回か繰り返したとき、胴体に対して楽器を構える右腕が前に出てきたのが見え、音が変わりました。   主訴は演奏に困難を生じる...

プロの学び方の詳細へ

プロの学び方

2019年4月26日

コントラバス

    先日はコントラバス奏者澤井さんとのアレクサンダー・テクニーク4回目でした。   以前バジルさんから、プロ演奏家とのレッスンはこちらがやって欲しいことがすぐできるようになるのであっと言う間に進む、と言われた...

3月のワークショップ企画の詳細へ

3月のワークショップ企画

2019年1月20日

アレクサンダー・テクニーク

ちょっと先ですが、3月30日&31日に演奏家の不調をテーマにしたアレクサンダー・テクニークとヨガのワークショップを開催します。   今日はそのご紹介、2日で3コマやります。 3月30日(土)9:30~12:30 クラリネット・オーボエ・サックス奏者のための鼻抜け相談&レッスン会...

体幹下部の筋配列に思うの詳細へ

体幹下部の筋配列に思う

2018年12月29日

体のしくみ

こんにちは!ハリ弟子です。   数年前に熊本水賴(みなより)先生の拮抗二関節筋による出力方向制御モデルに触れて以来、体幹のバランス制御にこれを活かせるのかどうか考えてきました。   熊本先生のモデルは腕と脚に関してのみ適用されていて、単関節筋と二関節筋を組み合わせた3対6...

アレクサンダー・テクニークで言う良い姿勢・動きとは何かの詳細へ

アレクサンダー・テクニークで言う良い姿勢・動きとは何か

2018年12月6日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   アレクサンダー・テクニークを学ぶ過程、また教える中で、姿勢と動きのどちらを見るのだろう?と考えることがあります。 姿勢とは姿(すがた)の勢いだからやっぱり動きなんですよと言って両方を一緒に考える人もいますが、でもその動きも無限のヴァリエーションがあ...

脊椎の生理的弯曲を考え直してみるの詳細へ

脊椎の生理的弯曲を考え直してみる

2018年10月11日

体のしくみ

こんにちは!ハリ弟子です。   ここに人間の脊椎(背骨)があります。 上から順に赤が頚椎(けいつい)、青が胸椎(きょうつい)、黄色が腰椎(ようつい)、緑が仙椎(せんつい)、紫が尾椎(びつい)です。   医療系の学校では頚椎と腰椎は前弯(前側=お腹側にふくらんでいるこ...

管楽器奏者の不調を考えるの詳細へ

管楽器奏者の不調を考える

2018年10月5日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   このところずっと息の問題を考えてきました。   楽器を鳴らすためには息の圧が必要とかスピードが大事とかいろんな言い方がありますが、物理学的には圧は静圧、スピードは動圧と同義でした。   静圧と動圧は流路の形状や大きさなどの条件...

息のエネルギーをロスするところの詳細へ

息のエネルギーをロスするところ

2018年9月30日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   先日までのところで、息の圧力(静圧)とスピード(動圧)はトータルで考えると一定のエネルギーと考えられ(全圧)、スピードが増せば圧力が下がり圧力が上がればスピードが落ちる関係にあることを流体力学の理論から確認しました。   理論的には肺から出...

息のとおりみちの詳細へ

息のとおりみち

2018年9月27日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   今日は肺から喉までの息のとおりみちについてみてみます。   ハリ弟子の手元にある解剖学の教科書にはこう書いてあります。   「気管は第6頚椎の高さで、喉頭の輪状軟骨の下から垂直に下降する」   本当にそうかど...

  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter