東京都練馬区江古田駅/音楽家のための整体・鍼灸・アレクサンダー・テクニーク オーバーユース・腱鞘炎・首肩腕の痛みしびれ・腰痛
オフィシャルブログ

肩がこると声が響きにくくなる?

" 喉や声のトラブル "

2018年1月31日

こんにちは!ハリ弟子です。

 

先日、アレクサンダー・テクニークのグループ・レッスンで、肩甲骨と声に関係があるかどうか実験してみました。

 

やり方は簡単で、肩甲骨を背骨に寄せてみたり、肩を上げてみたり、逆に落としてみたり、いろんな動きをわざと誇張気味にやってみて同時に声を出します。

 

結果は、声量や響きにいろんな違いがあらわれて、面白い実験になりました。

 

ざっくりした模式図ですが、発声のための器官と肩甲骨の関係はこんなふうになっています。

 

肺から出た気道は、舌骨の下で声門を通り、喉、口にぬけます。

 

舌骨は肩甲舌骨筋という筋肉で肩甲骨とつながっており、肩甲骨とは連動関係にあります。

 

気道は舌骨の状態によって、張りとか形が微妙に影響を受けるので、肩甲骨を動かすと声も変わるわけです。

 

例えば、肩甲骨を後ろに寄せると、理屈上、舌骨も後ろに引っ張られます。

 

そうすると、気道も微妙に形が変わるはずです。

 

また、肩甲骨には、肩甲挙筋のような首の骨からの筋肉も付きます。

 

背骨の弯曲度合いが変わっても、肩甲骨の角度や筋肉の張り具合が変わり、舌骨との関係性、気道、声門との関係性が変わってきます。

 

肩甲骨には他にもいっぱい筋肉がつきます。

 

頭と肩甲骨の関係性が気道に影響したり、肋骨と肩甲骨の関係性が気道に影響したり、実に様々なパズルが重なり合って連動し、それらが結局は声に影響してきます。

 

ここで思い出すのは、肩甲骨をどこかに固定しようとすると、ほぼ必発で肩こりになることです。

 

人間の体はけっこう適応能力がありますから、肩甲骨が動けさえすれば、出したい声を出せるようにかなりの部分は調整してくれます。

 

ところが、肩甲骨が固定されていると、適応の幅がせばまって、どこか別のところで無理をして声を作る必要が出てきます。

 

無理があるので、例え音量はクリアできたとしても、響きは大きく損なわれることになるでしょう。

 

そう考えると、肩こりがあると、表現力や喉の好不調に影響がありそうです。

 

声ほど直接的ではないにしても、管楽器の場合にも同様のことが言えるのではないでしょうか。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 喉や声のトラブル. タグ: , , , .
  • 080-5899-5203
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter