東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

脊椎のツボと声の響き

" 喉や声のトラブル "

2020年10月2日

先日、高い声が上にひっくり返ってしまう症状の方がいらして鍼で施術しました。

 

いつものとおり、状況を確認するため施術前に声出しをしてもらいます。

 

そのとき母音の「イ」でテストされてるのが気になり「どうしてイで歌うんですか?」と聞いたところ、「イの母音が一番症状が出やすいやりにくい音なので」とのこと。

 

試しに「ア」でも歌ってもらうと「イ」ならひっくり返る音域でも持ちこたえることができます。

 

そして、ひっくり返る/返らないもさることながら、響きの違いも僕には強く印象に残りました。

 

問題を生じない中くらいの音域を歌うときでも「ア」と「イ」ではまるで別人くらいに響きが違って聞こえたのですね。

 

とはいえ直接の症状ではないのでとりあえずの参考情報として頭の隅に置きながら施術を組み立てました。

 

整動鍼には脊椎まわりのツボが多く設定されています。

 

各椎骨ごとにいくつかあって、かける椎骨の数だけツボがある計算です(基本的には)。

 

それぞれに使い道が異なります。

 

このときも触診の結果を踏まえてある椎骨を選んで鍼をし、歌ってもらいました。

 

1か所目のツボはまるで変化なし。

 

たまたま1つ隣りの椎骨に反応が出ていたので、試しにそちらに鍼をしてまた歌ってもらいました。

 

驚いたことに格段に響きが増して「イ」がさっきとはまるで別物になりました。

 

僕も患者さんも同じ変化を認識したので気のせいということはないでしょう。

 

また続けざまに打った2か所のツボ1つ1つで声出ししてもらったので、椎骨の違いが結果に反映したと考えて良さそうです。

 

主訴の高音でひっくり返る/返らない問題はこのツボでも一定の成果はありましたが、他のツボも使ってさらに改善したところでこの日の施術はあがりとしました。

 

それにしても椎骨1つの違いで声に与える影響が異なるのは興味深い現象です。

 

喉、舌、下顎、軟口蓋など声にはさまざまな要素が関連します。

 

そのどれがどのような状態のときにどのツボが関係しているか分かったらすごいことですね。

 

機能性発声障害の方などこれまでも見てきましたが、今回のツボは考えたことがなく今まで使っていませんでした。

 

研究しがいのある貴重な発見をいただきました。

 

感謝です。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 喉や声のトラブル. タグ: , , , , , .
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年10月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter